今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech
みなさん、こんにちは。東工大ScienceTechno 1年の御喜家です。

本日は、2月25日に東芝未来科学館で行った「偏光万華鏡」の工作教室について報告させていただきます。

前半では万華鏡と切っても切れない関係の光について学びました。
偏光板を用いて身近にある液晶画面や反射光を見ることで、光の性質や偏光板のしくみを詳しく知ることができました。
また他にも、OPPテープを重ねる回数によって、その厚さによって違った色が出ることを知りました。
f0240709_17474847.jpg
後半では、その性質を用いて偏光万華鏡を作りました。
みんな順調に作業を進めていき、綺麗な万華鏡を作ることができました。
また、今回はマスキングテープでまわりをデコレーションして、世界にひとつしかないかわいい、かっこいいものを作っていました。
f0240709_17504505.jpg
偏光板は身のまわりでも、カメラのレンズやゴーグルなどに使われています。
今回のこの工作をきっかけに偏光板や光に興味を持っていただけたら幸いです。

これからも東工大ScienceTechnoではたくさんのイベントを行っていきます。
みなさんのご参加をお待ちしております!
[PR]
# by tscitech | 2018-03-01 17:56 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは!東工大ScienceTechnoの二年の田淵です。今回は、2月17日に矢口西小学校で行われた「サイエンスショーとBWB(ブラックウォールボックス)の工作教室」について書かせていただきます。サイエンスショーではCDを使った実験や静電気に関した実験をしました。CDレインボーの実験では天井にきれいな虹が見えました。静電気の実験では数人の子たちが輪っかになってコップにたまった静電気を輪に流し、電気を感じる体験をしました。
f0240709_15483692.jpg
ショーに続いて偏光板を使ってBWBの工作を作りました。参加してくれた子供たちは自分の作ったBWBに指を通したり、セロハンを重ねて入れて色の変化を楽しんでくれました。
f0240709_16014529.jpg
みなさん楽しそうに工作をしてくれてよかったです。参加して下さった皆様ありがとうございました。私たち東工大ScienceTechnoは他にも様々なイベントを行っています。ぜひご参加ください!

[PR]
# by tscitech | 2018-02-28 16:02 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは!東工大ScienceTechno 1年の南野です。
本日は、2月11日に目黒区の宮前小学校で行った「光るぶんぶんごま」の工作教室について報告させていただきます。
光るぶんぶんごまは遊び道具であるぶんぶんごまをLEDとコイルを組み込み磁石に近づけることでを光らせるように改良した工作です。
工作教室では初めに電気が身の回りでどのような場所に使われているかを考えたあとに、どのように電気を作っているかについて学びました。
また、この磁石とコイルの繋がりを利用したICカードについても理解し現代的な利用法を知ってもらいました。
f0240709_15410987.jpg
それから演示実験としてコイルの中で高速で磁石を動かすことでLEDを光らせる発電機を用いて発電の原理を身近に感じでもらいました。
工作の時間では丁寧に作業を行っていたため完成度の高い作品が出来上がっていました。
f0240709_15352329.jpg
完成したこまの回し方を練習すると、ぶんぶんごまを初めて遊ぶ子も上手く回せるようになり楽しんでいました。
f0240709_15371160.jpg
たくさんの方々が参加して下さり大いに盛り上がりました。ありがとうございます。
東工大ScienceTechnoでは他にも様々な工作を使った工作教室や実験ショーを行っています。イベントへの参加お待ちしております。
[PR]
# by tscitech | 2018-02-28 15:41 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。東工大ScienceTechno1年の葛上です。



本日は2月10日に北山田地区センターで行われたイベントについて報告します。

北山田地区センターでは「わくわくサイエンスショー 光の化学」という題で光のショーと「ブラックウォールボックス」を作る工作教室を行いました。

f0240709_19360146.jpg

前半の光のショーでは光はどんなものなんだろうというのを楽しく知ってもらうために劇風のショーを行いました。

ストーリーはここでは述べませんが、偏光板を使った実験や、虹を作る実験、レーザーを使った実験を行いました。

偏光板を使った実験では、壁があるように見えるのに実は壁がない不思議な箱、ブラックウォールボックスを体験し、なぜそのように見えるのかを勉強しました

また、偏光板を使った実験ではほかに、偏光板を使ってサイのマークをカラフルに浮かび上がらせる実験もしました。

偏光板は目に見えない細かい筋がたくさんあるような板で、その筋を平行に重ねると光が通り、交わるように重ねると光が通らない不思議な板で、ほかにも様々な特徴があります。

虹を作る実験では、DVDと改造した扇風機を使って大きな虹を作り出しました。DVDはよく見てみるとキラキラいろんな色に光っているのがわかると思います。そのDVDをたくさん使って大きな一つの丸い虹を作るのがこの実験です。

レーザーを使った実験では遠くにあるスピーカーを無線などを使ったりケーブルでつないだりせずに離れたところから音楽を鳴らす実験を行いました。

皆さんの家にもあるかもしれない太陽光パネルと強いまっすぐな光を伝えるレーザーを使うとレーザーを伝って音楽の信号を太陽光パネルを通してスピーカーに伝えらます。

子供たちも興味深そうに楽しくショーを見ていました。

f0240709_19273821.jpg


後半はショーで見た実験「ブラックウォールボックス」を実際に作ってみる工作コーナーと、ショーで出た実験を体験してみる体験コーナーに分かれ、順番に体験しました。

ブラックウォールボックスを作る工作では、光のショーでやったブラックウォールボックスを実際に作ってみました。
工作では、型紙と偏光板を使って、窓が両側に空いた箱のようなものを作りましたが、その途中でできた偏光板の破片を使って光がとおったり通らなかったりする様子を実際に触りながら体感しました。

f0240709_19325995.jpg

完成した後、ほんとに壁があるように見えると不思議そうに見ている子供たちが多かったです。また、プラスプーンを入れてみてプラスプーンの色が複雑に変化する様子も確認して楽しそうに遊んでいました。

f0240709_19305271.jpg

今回参加した皆さんありがとうございました。

東工大ScienceTechnoでは他にも様々な工作を使った工作教室や、実験ショーを行っています。

興味を持った方は是非参加してみてください!

[PR]
# by tscitech | 2018-02-18 19:38 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは!東工大ScienceTechno 3年の坪井です。

本日は、1月21日に大田区の洗足区民センターで行った「光るぶんぶんごま」の工作教室について報告させていただきます。

光るぶんぶんごまは昔あそびであるぶんぶんごまにLEDとコイルを取り入れ、磁石を近づけて回すと光るようにした工作です。

工作教室では、初めにLEDの説明、コイルがどんなものかの説明を行いました。
それから簡単な演示実験を通して、コイルのそばを磁石が通り過ぎるとどうなるかみんなで観察しました。

f0240709_11110777.jpg

演示実験を終えて、いよいよ工作に入っていきます。綺麗に作るためには慎重な作業も必要でしたが、みんなマスキングテープで装飾なども行って最後は自分だけのぶんぶんごまを作れていました。

f0240709_11131340.jpg

ぶんぶんごまを初めて回す子もいましたが、最後はみんな自分の力で光らせることができて大変良かったです。

f0240709_11134051.jpg

今回の報告は以上です。参加してくださった皆様、ありがとうございました。

サイテクでは、他にも様々なイベントを開催しています。皆様のご参加をお待ちしています!

[PR]
# by tscitech | 2018-01-29 11:13 | イベント報告 | Comments(0)