人気ブログランキング |

今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech
こんにちは。
東工大ScienceTechno 3年の嘉納です。

3/10に東芝未来科学館で、偏光万華鏡の工作教室を実施しました。
今日はその報告をさせていただきます。

偏光万華鏡は、「偏光板」という、通す光の向きが決まっているシートを使って作る万華鏡です。
よく見かける万華鏡は、ビーズやスパンコールなどを使ってきれいな模様を作りますが、偏光板の「通す光の向きが決まっている」という性質を使って、ビーズやスパンコールを全く使わずにきれいな模様を作ります。

この教室では、まず、光がいろいろな向きと長さの波が合わさったものだということを説明した後、偏光板を2枚重ねて片方をくるくる回すと、明るくなったり暗くなったりするということを体験してもらいました。
これは、偏光板は通す光の向きが決まっているために起こります。
2枚の偏光板の通すことのできる光の向きがそれぞれ違うとき、光が偏光板を通り抜けられなくなり、暗くなるのです。

f0240709_11464992.png

また、OPPテープを2枚の偏光板ではさむと、偏光板の間のOPPテープの厚さによって色が変わることも体験してもらいました。これがきれいな模様ができる秘密です。

f0240709_11464983.jpg

偏光板の特徴をみなさんに理解してもらったところで工作を行いました。
みなさん、この偏光板の面白い性質をうまく使って、オリジナルできれいな万華鏡を作っていました。

f0240709_11464995.jpg

f0240709_11465034.jpg

ご来場のみなさん、ありがとうございました。

私たち東工大ScienceTechnoは他にも色々なイベントをしています。
ぜひ他のイベントにもお越しください!みなさんに会えるのを楽しみにしています。

# by tscitech | 2019-03-19 17:45 | イベント報告 | Comments(0)
皆さんこんにちは!東工大ScienceTechno 2年の大髙です。
今日は3月2日に目黒区総合庁舎で行われた「光るぶんぶんごま」の工作教室の報告をさせていただきます。

「光るぶんぶんごま」とは、ぶんぶんごまにコイル付きのLEDライトを仕込んでおくことで、ぶんぶんごま磁石に近づけて回すと、LEDライトを光らせることが出来る工作です。

f0240709_16272001.jpg

この教室では、最初に「電気」の説明をして、コイルの近くで磁石を動かすと電気を作れることを伝えました。そして、その「磁石」と「電気」の関係を示すためにいくつかの演示実験をしました。

f0240709_16271933.jpg

実験の後はいよいよ工作です。
今回、お父さんと子供が一組になって参加するイベントだったので、親子一緒に工作を行いました。
子供たちだけでは難しい作業はお父さんに手伝ってもらったりして、皆さん工作を完成させることができました。

f0240709_16271837.jpg

完成した後は実際にぶんぶんごまで遊びました。
ぶんぶんごまは回すのにコツが要ります。
コツを掴んで上手く回せた人もいれば、なかなか上手く回せず苦戦していた人もいました。
いずれにしても親子共にこの工作にかなり興味を持ってくださったようで、こちらも嬉しかったです。

f0240709_16272010.jpg

今回のイベントに参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!
東工大ScienceTechnoでは、他にも様々な科学に関わるイベントを行っています。
「今後のイベント情報」はこのブログのトップの記事に書かれていますので、もし興味があれば是非参加して下さい。
皆さまの参加をお待ちしています。

# by tscitech | 2019-03-19 16:29 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは!東工大ScienceTechno2年の内田です。
今日は3月2日に新宿コズミックセンターで行ったコップギターの工作カフェについてお伝えします。

この日、コズミックセンターでは「レガス子どもフェスタ2019」というイベントが催されており、私たちはその1ブースとして出展しました!

f0240709_21461704.jpg

コップギターとは、プラコップが胴体、割りばしが棹、輪ゴムが弦の変わったギター。輪ゴムを押さえる位置や、輪ゴムの張り具合によって、音の高さが変わります!
工作を通じて、子どもたちに音の伝わり方や、音の高さの違いがどうやって生まれるのかということについて学んでもらいました!
みなさん丁寧に工作に取り組んでおり、良い響きのコップギターが完成しました。中には音を変えて「きらきら星」を演奏する子も・・・!楽しそうに作っていたので嬉しかったです。

f0240709_21481728.jpg

今回のイベントに参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!
東工大ScienceTechnoでは、ほかにも様々な科学を取り入れたイベントを行っています。今後のイベント情報はこの「東工大ScienceTechnoのブログ」のトップの記事に書かれてありますので、興味を持った方はぜひ足を運んでみてください。

# by tscitech | 2019-03-18 11:26 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。東工大ScienceTechno 3年の津嶋です。
2月24日に三菱みなとみらい技術館で行った「ポンポン船」の工作教室の活動報告です。

ポンポン船はロウソクの火で水を沸騰させて進む工作です。
水が水蒸気になるときに体積が大きくなることで推進力が生まれます。

説明と実験を通して、実際に水蒸気になって体積が大きくなることを確認しました。

f0240709_17163118.jpg

工作では、カッターを使ったりアルミパイプを曲げたりする、やや難しい工程もありましたが、スタッフと一緒にみんなで上手に作ることができました。

f0240709_17163164.jpg

工作のあとはプールや洗面器に張った水に浮かべて遊びました。

f0240709_17163000.jpg

イベントに参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

東工大ScienceTechnoでは、三菱みなとみらい技術館のほか、多くの場所でイベントを行っています。
事前申し込みが不要なものもあります。
このブログのイベント情報のページなどで告知しておりますので、ぜひお気軽にご参加ください!

# by tscitech | 2019-03-05 17:15 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。東工大ScienceTechno2年の大段です。
今回は2月23日に大田区立清水窪小学校で行われた「パタパタぞうさん」の工作教室の活動報告をさせていただきます。

「パタパタぞうさん」はぞうの鼻がふりこのようになっていて、鼻の先についているおもりの位置を変えることでふりこの動きを観察できる工作です。

f0240709_22555474.jpg

最初にふりこの「周期」を説明します。
ふりこの糸の長さを変えたり、ふりこのおもりの数を変えたり、ふりこの振れ幅を変えてみて「周期」がどのように変わるのかを実際に見てもらいました。
おもりがないふりこと、おもりがあるふりこも見比べました。

f0240709_22555592.jpg

実験が終わった後、いよいよ工作が始めます。
工作では目をかいたり、装飾をつけたりして自分だけのかわいいぞうさんができました。

f0240709_22555302.jpg

工作が終わった後、ふりこを2つ繋げた二重ふりこ(サイテクでは「カオス振り子」と呼んでいます)を見てもらいました。
普通のふりことは違って奇妙な動きをする二重ふりこにみんな興味津々でした。

f0240709_22555507.jpg

今回のイベントに参加していただいたみなさん、ありがとうございました。
サイテクでは、他にも様々なイベントを開催しています。みなさんの参加をお待ちしています!

# by tscitech | 2019-03-04 23:19 | イベント報告 | Comments(0)