今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech
こんにちは。東工大ScienceTechno 1年の山口です。

今回は8月29日(水)にバイリンガルアフタースクールで開催したウインドカーの工作教室の活動報告をします。

ウインドカーは吹いてきた風をプロペラで受け、プロペラの動力を推進力に変換して風上に進むという工作です。

はじめに、科学でいう「力」は大きさと向きがあるという事を学習し、そのあとに「力」の向きを変える演示実験を行いました。

試行錯誤しながらも、答えに辿り着いたグループは非常に嬉しそうでした。

実際にウインドカーを作る工作の時間になると、多少の難しい手順はあったものの、器用にウインドカーを完成させていました。

最後に自作したウインドカーで遊びました。

上手に進めるのが難しく、苦労していた子もいましたが、楽しんでいました。

今回のイベントにご参加くださった方々、ありがとうございました。


東工大ScienceTechnoは様々な工作教室を行っています。
興味のある方は是非ともご参加ください。


[PR]
# by tscitech | 2018-08-31 12:00 | イベント報告 | Comments(0)
皆さんこんにちは!東工大ScienceTechno 1年の柴原です。

今回は8月28日に北区の北とぴあで行われた、「アクセルごま」の工作教室での活動を報告させていただきます。

「アクセルごま」とは、利用して回り続けるコマのことです。
あまり普段見慣れないリードスイッチというものを使って工作を行うのですが、配線が他の工作よりも難しい!
工作始まる前は「出来るかな〜」と不安でしたが、皆さんスラスラ配線を組んでいました!
すごいと思います!

完成した後、器用な人は本来スプーンを手で持ってコマを回すところをてではなして回すことにチャレンジしていて驚きました。

f0240709_09020825.jpg

子供達の器用さにびっくりです!

イベントに参加してくださった皆さんありがとうございました!
[PR]
# by tscitech | 2018-08-30 12:00 | イベント報告 | Comments(0)
皆さんこんにちは!
東工大ScienceTechnoの1年生、蛯名です!

今回は8月25日,26日に2日間に渡って、兵庫県淡路島にある洲本市文化体育館にて開催された"科学のふしぎ 三島教室"についての報告をします。
"三島教室"とありますが、こちらは東工大の前学長であるところの三島良直氏の祖父である三島徳七博士、父である三島良績博士の功績を記念して行われている科学教室です。


1日目の8月25日は「紙飛行機」を作りました。
紙飛行機、そして飛行機を動かす力には主として “推進力” , “抵抗力” , “重力” , そして"揚力"の4つが存在します。
今回は、そのうちの"揚力"に焦点を当てた教室を行いました。

"揚力"とは上昇しようとする力のことです。
飛行機ですと、空気の流れが翼の上で速く、翼の下で遅い場合、発生します。
"揚力"のしくみを理解するために「空力翼艇」というものを用いて実験をしました。

また、先程の4つの力を踏まえて、紙飛行機はどのように作るとより飛距離を伸ばすことができるかを話し合い、その上で「紙飛行機」の工作を開始しました。

工作は手際よく進み、その後体育館に移動して、実際に紙飛行機を飛ばしました。

うまく遠くへ飛ばすことができた子供たち、あまりうまくいかなった子供たちと様々な結果となりました。私たちもこの工作について、まだまだ勉強することがあることを実感したところもありましたが、無事楽しく終わることができました。

2日目の8月26日は「カメラオブスキュラ」を作りました。
身近にある"カメラ"、その根幹となる部分の一つである"レンズ"に焦点を当てた教室でした。
まず"レンズ"の例として,虫めがねや老眼鏡に使用されている"凸レンズ"と、通常の眼鏡などに使われている"凹レンズ"の性質について実験を通して学習を行いました。

その次に工作を開始しました。
型紙の線に沿ってハサミで切るところでは、型が複雑な形状をしていたために苦戦していた子がいました。

「カメラオブスキュラ」が完成した後、子供たちに実際に使用してもらうと驚きの声や喜びの声が数多く上がりました。

最後に、「カメラオブスキュラ」がどのように見えるか、そしてカメラの歴史について学習しました。
光の進み方とレンズの関係を通して、深い理解が得られたように思います。
カメラの歴史については「ピンホールカメラ」を取り上げて説明しました。
「カメラオブスキュラ」との見え方の違いから光の進み方についての理解を深められました。

2日とも盛況のなか、無事に教室を終えることができました!
参加してくださった皆さん、ならびに三島教室に関係するすべての方々、ありがとうございました!

[PR]
# by tscitech | 2018-08-28 13:00 | イベント報告 | Comments(0)
東工大ScienceTechno3年の岸です。
今日は、8月25日・26日に日本科学未来館で開催された第10回サイエンスリンクのイベント報告です。

サイエンスリンクとは、いろいろな大学や高校などのサイエンスコミュニケーション団体が集まって行う一大イベントです。
イベント全体の運営も、大学生の団体である「NPO法人サイエンスリンク」が行っています。

今年、サイテクは「バランストンボ」の工作ブースを出展しました!
今回のために開発した新作でした。

f0240709_13451419.jpg

トンボが指に止まるように、羽を広げたり曲げたりして、試行錯誤してもらいました。
重心が口の真下に来るように羽を動かすと、ゆらゆらと止まるようになります!

f0240709_13454202.jpg

来場者の皆さんに工作を楽しんでもらっただけでなく、
1日目の終了後にはお互いの団体の出展を見て回る「内覧会」、
2日目には「懇親会」もありました。
内覧会では自分たちの出展を見てもらって、また他団体の出展を見ることができ、参考になりました!

たくさんの方々と交流できた楽しいイベントでした!
来場者の皆さん、運営の事務局員の皆さん、出展団体の皆さん、ありがとうございました!!

[PR]
# by tscitech | 2018-08-28 12:00 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。東工大ScienceTechno一年の柳澤です。
今回は8月24日に洗足区民センターで行われた「立体万華鏡」の工作教室の活動報告をさせていただきます。

イベント開催前、当初は午後の教室1回だけの予定でしたが、予想を遥かに上回る応募があったため午前と午後の2回、工作教室が行われました。

午前・午後どちらの回も、まず始めに光と鏡の仕組みについて説明しました。その後に実際に鏡を合わせてみてみると、鏡の間にものがたくさん見える様子を観察しました。

f0240709_23191795.jpg
f0240709_23195066.jpg


次に工作に取り掛かりました。この工作では、鏡のついた板の表面をカッターで削って、模様をつける所が一番の難所です。その下書きでじっくり悩む子であったり、すぐに決める子であったり。またカッターで削る作業で少し手間取る子もいたり、初めてにも関わらず難なくカッターを扱う子もいたりと、様々でした。

f0240709_23195959.jpg
f0240709_23201292.jpg


そんないろいろな子がいましたが、最後は皆さんそれぞれ、オリジナルの万華鏡を作り上げていました。
私にも見せてくれた子が何人かいるのですが、私がイベント前に試作したものとは全く違った模様で、またどれも綺麗で素晴らしかったです。

本イベントに参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

また、東工大ScienceTechnoでは他にもいろいろなイベントを行っていますので、ぜひぜひ参加してみてください。
[PR]
# by tscitech | 2018-08-26 12:00 | イベント報告 | Comments(0)