人気ブログランキング |

今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech
こんにちは。
東工大ScienceTechno2年の北野です。

3/23に北山田小学校コミュニティハウスでゼンマイカーの工作を行いました。
今日はその報告をさせていただきます。

f0240709_21175121.jpg

世の中には、様々な種類のバネがあります。
よく見るものだと「つるまきバネ」とかが挙げられますね!
(ボールペンの中にも入っている、螺旋状に巻いてあるバネのことです。)
他にも「板バネ」とか色々と種類がありますが、今回作ってもらったゼンマイカーはその中で「ゼンマイバネ」を用いたものです。

教室では最初に色々な種類のバネの持つ、それぞれの性質を説明したあと、ゼンマイカーを作成しました。

みんな、自分だけのオリジナルゼンマイカーをつくっていて、それぞれのアイディアが眩しく輝いていました。

実際に走らせてみたときには、ゼンマイカーがよく走る子とそうでない子がいました。
後者は走らない原因をスタッフと一緒に考えながら改良を加えていて、科学的思考の教育に一役買ったのではないかと個人的に満足しています。

f0240709_21174991.jpg

f0240709_21175107.jpg

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
私たち東工大ScienceTechnoは他にも色々なイベントをしています。
ぜひ他のイベントにもお越しください!みなさんに会えるのを楽しみにしています。

# by tscitech | 2019-04-09 21:20 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。
東工大ScienceTechno2年の北野です。

3/17に大田区洗足区民センターで行われた第7回さくらフェスティバルに「サイテク式知恵の輪」の工作教室を出展しました。
今日はその報告をさせていただきます。

f0240709_12495972.jpg

「サイテク式知恵の輪」は、昨年の秋に登場したサイテクで最も新しい工作の1つです。
簡単に解けるような単純な構造の知恵の輪から、その構造を組み合わせて、難しい知恵の輪を作ります。
単純な構造を見抜くことで、一見複雑なものも解くことができるということを、みなさんに伝えたくて開発されました。

f0240709_12495996.jpg

新しく開発された工作は通常、教室を開催する度に、そこで出た反省点を生かして、適宜改良が加えられます。
しかし、この「サイテク式知恵の輪」は、ほとんど改良をする必要がないくらい素晴らしい出来で、個人的にサイテクに入って最も感動を覚えた工作です。

教室の序盤に、難しい知恵の輪を解いてもらう過程があります。
本イベントでいらっしゃったみなさんは大変優秀で、スタッフが解き方を教える前に解いてしまう方も、ちらほら見られました。

最初は苦戦されていた方も、工作を作るなかで、同じ単純な構造が繰り返されていることに気づき、
最終的にはいらっしゃった全員がスタッフの手助けなしで知恵の輪を解くことができました!

f0240709_12495890.jpg

f0240709_12500084.jpg

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

私たち東工大ScienceTechnoは他にも色々なイベントをしています。
ぜひ他のイベントにもお越しください!みなさんに会えるのを楽しみにしています

# by tscitech | 2019-04-08 12:46 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは
東工大ScienceTechno 3年の鴨川です。
今回は、3月16日に緑が丘文化会館で行われた「ウインドカー」の工作教室を報告します。

この教室のテーマは「ちから」です。
まずは「ちから」について講師の話を聞きながら、次のことをお勉強しました。

・「ちから」とは「うごき」のもとになるもの。
・ウインドカーは風の「ちから」をすすむ「ちから」に変えることで前に進む。

f0240709_16002054.jpg

お勉強が終わったら工作の時間です。
スタッフさんと一緒にウインドカーを完成させました。

f0240709_16002269.jpg

ウインドカーをうちわで扇ぐと、風の向きに逆らって進みます。
この仕組みを、「ちから」について勉強したことを、復習しながら考えることができました。

f0240709_16144369.jpg

今回は40人以上の子供たちが参加してくれました。
みんな笑顔で楽しそうに工作をしている姿が印象的でした。
来場してくれた皆様、ありがとうございました。

東工大ScienceTechnoでは他にも様々なイベントを開催しています。
今回参加してくれた人もそうでない人も、ぜひ足を運んでみてください!!

# by tscitech | 2019-03-30 16:15 | イベント報告 | Comments(0)
皆さん、こんにちは!東工大ScienceTechno 1年の吉川です。

今回は、3月15日に行ったサイエンスショー「ようこそサイエンスダンジョンへ!」の報告をさせていただきます。
このイベントは、8月に行われたサイエンスショー「サイエンスショーはじめました。」に引き続き、私たちサイテクが自前で企画したものです。
会場は、東工大大岡山キャンパスの70周年記念講堂です。
平日の午後4時からの開演でしたが、100人を超える多くの方々がご来場くださいました。

f0240709_12171288.jpeg

f0240709_12171496.jpg

今回のショーの舞台はその名も「サイエンスダンジョン」です。このダンジョンの中では、科学に関するなぞを解き明かすために、実験をしていきます。
実験では、大きな風船を使ったり、ブランコのような実験道具が出てきたりしました。

f0240709_12171524.jpg

f0240709_09434557.jpg

実験の合間でのクイズには、観客の方々にも考えていただきました。元気の良い反応をいただけたので、とても嬉しかったです。

f0240709_12171171.jpg

また、このショーのために、多くの部員によって実験道具が改良されました。日頃の活動の成果が発揮される良い場になったと思います。

今回来てくださった皆様、ありがとうございました!

# by tscitech | 2019-03-29 12:20 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。
東工大ScienceTechno 3年の岡本です。

3/13に目黒区立緑ヶ丘小学校で、パックンわにとコンコンキツツキの工作教室を実施しました。
今日はその報告をさせていただきます。
これら2つの工作は「磁石」の性質をみなさんに紹介する目的で私たちが考えた工作です。

f0240709_17480495.jpg


今回の教室に参加してくれた緑ヶ丘小のみなさんには、教室のはじめに次のような「磁石」の性質を学んでもらいました。
・磁石にはN極とS極がある。
・N極とS極を近づけるとくっつき、N極どうしまたはS極どうしを近づけると離れる。

f0240709_17480676.jpg

その後、私たちスタッフの手も借りながらパックンわにとコンコンキツツキを作りました。

パックンわには、お肉とピーマンの絵が描かれた紙を貼り付けたU字磁石をわにの口に入れて遊びます。
わにはお肉を出されると口を閉じて食べますが、ピーマンを出されると嫌がって口を閉じません。

f0240709_17480609.jpg

コンコンキツツキはキツツキをシートの磁石の上で動かして遊びます。
シートの磁石の上でキツツキを動かすと、キツツキはくちばしで地面を「コンコン」と繰り返しつつきます。

f0240709_17480565.jpg

どうしてわにやキツツキはこのように動いてくれるのでしょうか?
もちろん、今回の教室のテーマである「磁石」が大切なはたらきをしています。
ぜひその仕組みを考えてみてください。

児童のみなさんが2つの工作に強く興味を持ち、完成した工作で様々な遊び方を試そうとする様子が印象的でした。
参加してくれた緑ヶ丘小学校のみなさん、ありがとうございました。

# by tscitech | 2019-03-19 17:50 | イベント報告 | Comments(0)