今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech
皆さんこんにちは。東工大ScienceTechno1年の松丸です。

今回は8月20日に横浜市の北山田地区センターで行った、『望遠鏡』と『ゼンマイカー』の工作教室の活動を報告させていただきます。

望遠鏡の工作教室では、レンズの性質などについて学んでもらい、また実際に凸レンズ・凹レンズを使って光の通り道を観察する実験もしました。凸レンズを通して遠くを眺めると景色が反転して見えるということに気がついて喜んでいる子供たちもいました。

f0240709_22462392.jpg

工作では、型紙の線に沿って一生懸命ハサミで切っている姿が印象的でした。また、完成すると子供たちはお互いの顔を望遠鏡で覗きながら楽しんでいました。

f0240709_22492616.jpg

ゼンマイカーの工作教室では、ゼンマイやばねについての説明に加え、プルバックカーやメジャーを分解してゼンマイを実際に見てもらいました。

f0240709_22495524.jpg

工作は皆手早く進めていてとても驚きました。完成させ、床で遊んでいた子供たちの中には、より走るように改良した子供も多くいました。

f0240709_22505576.jpg

参加してくださった皆さんありがとうございました!

東工大ScienceTechnoでは他にも様々なイベントを開催しています。科学や工作に少しでも興味がある方はぜひ参加して楽しんでいってください!
[PR]
# by tscitech | 2018-09-07 22:51 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは 東工大Science Techno 1年の大西です。
8月19日に三菱みなとみらい技術館で「基数ソート」の工作教室を行いました。
今回はその活動報告をさせていただきます。
 
まず8つの重さの違うおもりを一つの天秤を使って軽い順に並び替える方法を、班のみんなで考えました。
子供たちは様々な考え方で並び替えをしてくれて、多くの班が正解を導くことができました!

f0240709_23210557.jpg
その後「アルゴリズム」という言葉を学び、そのうちの「基数ソート」という仕組みを用いた、簡単に数字を並び替えることができるカードの工作を作りました。
4回の操作だけで全ての数字を並び替えることができるので、みんなびっくりしていました。

f0240709_23211981.jpg
f0240709_23213595.jpg

少し難しい内容でしたが、子どもたちはどうして数字を簡単に並び替えることができるのか、自ら進んで考えていました。中には仕組みをほとんど理解してくれた子もいました!


参加してくれた皆さん、ありがとうございました!
東工大Science Technoでは他にも様々なイベントをおこなっています。機会がありましたらぜひ来てください!
[PR]
# by tscitech | 2018-09-05 23:21 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは!東工大ScienceTechno2年の富澤です。
今回は去る8月19日(日)に横浜市中川地区センターにて行った工作教室についてみなさんに報告いたします。

まず、午前は小学校低学年の子を対象に「光るぶんぶんごま」の工作教室を行いました。「光るぶんぶんごま」とは、昔遊びで有名なぶんぶんごまをLED・コイル・磁石と組み合わせて回すことで「電磁誘導」を利用して光るように工夫した科学おもちゃです。

f0240709_23123703.jpg

「電子と電気」をテーマに身近な「電気」が流れる仕組みを学んだ後、光るぶんぶんごまの工作をしました。ぶんぶんごまを磁石の上で回して、実際に光ったことに驚いていた子供たちが印象的でした。

f0240709_23130869.jpg
f0240709_23135115.jpg

午後は小学校高学年の子を対象に「クランクメリーゴーランド」の工作教室を行いました。「クランクメリーゴーランド」とは、自動車のエンジンに使われている「クランク機構」を用いた科学おもちゃです。


f0240709_23142812.jpg
「直進運動と回転運動」それぞれの違いについて学んだ後、クランクメリーゴーランドの工作を行いました。前半の「直進運動と回転運動」の学びの途中で僕たちも答えに詰まるような鋭い意見が出されたことに驚いてしまいました。
また、全体を通して私たちが気づかないことにも、子供たちが気づいていたのが驚きであり、非常に有意義な時間を過ごせました!

f0240709_23145611.jpg
f0240709_23151919.jpg
参加していただいた皆さんありがとうございました!

東工大ScienceTechnoは、このようなイベントのほかにも小学校や科学館などで工作教室や実験ショーを行っています。また、10月6日(土)と7日(日)には、東工大の学園祭「工大祭」にて、私たちも企画を行います!普段のイベントにはないショーなどたくさんの体験が待っていますので是非お越しください!
[PR]
# by tscitech | 2018-09-05 23:15 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは!東工大ScienceTechno 1年の北野です。

8月18日にLD発達相談センターかながわで行われた工作教室で、「アクセルごま」の工作教室を開催しました。今回はその活動報告をさせていただきます。


みなさんコマを回してみたことはあるでしょうか。コマは最初の方は勢いよくクルクルと回っていますが、時間が経つと止まってしまいます。「アクセルごま」は磁力を用いてコマが止まらないようにしようという工作です。


このイベントは子どもたちが4人に対して我々スタッフが5人という非常に少人数で行われた教室でした。そのため、小さいお子さんもスタッフが丁寧に接してあげることができ、非常に充実した教室にすることが出来ました。

f0240709_18473443.jpg
その成果もあってか、無事全員工作が完成して、すぐにコマを止まらないように回すことが出来ました。我々スタッフも止まらないように回すのに苦労することもある中で、このことには非常に驚かされました。

f0240709_18475782.jpg

今回参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!


東工大ScienceTechnoでは他にも様々なイベントを行っています。皆さんの参加を、われわれスタッフ一同お待ちしています!
[PR]
# by tscitech | 2018-09-05 18:48 | イベント報告 | Comments(0)
東工大ScienceTechno一年の浦田です。
8月17日に波多野ファミリースクールでホバークラフトの工作教室をしました。
その活動報告をさせていただきます。

ホバークラフトは発泡スチロールのお椀の内側にプロペラをつけて、空気を下に吹き出して摩擦を小さくする工作で、机や床の上をスイスイ滑ります!
小学一年生の回と小学二年生の回の2回の教室を行いました。

工作する前に、摩擦がものとものが触れているときにはたらくこと、ものの間に空気を入れると摩擦が小さくなることを説明しました。本を1ページずつ重ねていったものを子どもたちに引っ張ってもらって摩擦の強さを実感しました。

f0240709_11251282.jpg

そのあとは工作をしました。みんな成功し、子どもたちは作ったホバークラフトで楽しそうに遊びました。

f0240709_11254084.jpg

f0240709_11265874.jpg

イベントに参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

東工大ScienceTechnoではほかにも様々なイベントを行っています。
興味のある方はぜひお越しください。どこかのイベントでみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

[PR]
# by tscitech | 2018-09-05 11:27 | イベント報告 | Comments(0)