今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんにちは。東工大ScienceTechno3年の赤塚です。

9月9日に東芝未来科学館でウインドカーの工作教室を行いました。

ウインドカーは風に逆らって進む車の工作で、この工作を通して力が伝わる仕組みについて学びました。

午前の低学年向けの教室ではトラブルもなく皆無事に工作を完成できたくさん観察の時間が取れました。

f0240709_13233439.jpg

f0240709_13242612.jpg

午後の高学年向けの教室では、たくさんのおもりを乗せても進むように改良したり、早く進むようにしたりするなどいろいろと工夫をしてくれまして、スタッフもとても興味深くみていました。

f0240709_13240640.jpg
今回参加してくださった皆さん、ありがとうございました。サイテクでは他にもさまざまなイベントを開催しています。
東芝未来科学館では10/14に次のイベントを行います。ぜひ参加してみてください。
[PR]
by tscitech | 2018-09-11 12:00 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは、東工大ScienceTechno2年の渡邊です。

9月6日にみどりがおかこども園で行われた「ひかりとにじのじっけんショー」の活動報告をさせていただきます。
今回のショーは未就学児を対象とした光と虹についてのサイエンスショーを行いました。

ショーでは光についての実験をするライト博士と、虹についての実験をするレインボー博士が登場し、見に来てくれたみんなの前で交互に実験を繰り広げます。

ライト博士はサイテクでも大人気の工作「偏光万華鏡」で使われる「偏光シート」などを用いて、光の不思議な実験をたくさんお見せします。

見ていた園児のみんなに加え、保護者の方やみどりがおかこども園の先生方も光と偏光シートの不思議な性質に夢中な様子でした。

f0240709_13160487.jpg
f0240709_13175681.jpg

虹色アフロが印象的なレインボー博士は様々な実験で虹をみんなにお見せします。

下の写真はCDを使って大きな虹を作る「CDレインボー」の実験前の様子です。

f0240709_13192265.jpg

レインボー博士が色々な虹を作るたび、会場では大きな拍手が沸き起こりました!

またショーで実験を行う前には、どんな実験結果が出てくるのか、会場のみんなにクイズを出題します。園児のみんなも自分なりにしっかりと考え、元気よく手をあげて答えてくれました。

f0240709_13205032.jpg

ショーのクライマックスではライト博士とレインボー博士が協力し、蛍光灯などの身近な光から「分光シート」を使って虹を見せる実験をお見せしました。

そしてショーの最後では分光シートをお土産として見に来てくれたみんなにお渡しし、みんなにも身近な光から虹を作る実験をしてもらいました。

ショーを見に来てくれたみんなは、お土産の分光シートを使って、ぜひお家の人やお友達にも虹を見せてあげてくださいね!

光と虹の実験の原理は少し難しいのですが、ショー後の園長先生の「いろんな色の光が集まると何色になるかな?」という質問にみんなしっかり答えてくれ、光について私たちの伝えたかったことを受け取ってくれたことがわかり、とても嬉しかったです!

今回のショーは元気一杯な園児のみんなの歓声もあって、とても活気溢れる、 楽しいショーになりました!

ご来場いただきました皆様、またご依頼をくださったみどりがおかこども園の皆様、大変ありがとうございました。


東工大ScienceTechnoでは工作教室だけでなく、このようなサイエンスショーも行っています。
ご依頼を元に部員がショーの内容や実験のレベルを検討して台本を作成し、ショー本番の演者まで行います。
工作教室ではなかなか見られない大規模で面白い実験が見られるのがサイエンスショーの魅力です!
少しでも興味をお持ちくださった皆様は、ぜひお越しください!

みなさまに会えることを楽しみにしております!
[PR]
by tscitech | 2018-09-08 12:00 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは!
東工大ScienceTechno2年の嶋田です。

今回は、9月2日(日)に目黒本町社会教育館で開催されました『ユネスコ理数教室』での活動について報告します。

『ユネスコ理数教室』は目黒ユネスコ協会が主管されているイベントで、サイテクは「めざせ!からくり職人」というタイトルで「からくりメリーゴーランド」の工作教室を実施しました。

「からくりメリーゴーランド」はカム機構を利用した工作です。
持ち手のストローを縦に回転させると、箱の中の歯車が機能して、ストローの上のイラストが上下に動いたり、横に回転したりします。

f0240709_09532425.jpg

教室では、はじめに、「からくり」という言葉の意味やからくりの来歴を学び、からくり人形の動画や実物を見ながら、からくりへの理解を深めました。
特に、文字を書く人形や、弓を射る人形の動画には驚いていて、保護者の方を含めみなさん歓声を上げられていました。

f0240709_09533961.jpg

つぎに、からくりの仕組みについて探究しました。
今回の工作「からくりメリーゴーランド」の見本を動かしてみて、箱の中身の仕組みを予想します。
4,5人のグループで討論し、代表者にはモニターを使って発表してもらいました。

みんなで積極的に話し合って、輪ゴムや歯車による力を利用した独創的なアイデアがたくさん出てきました。

f0240709_09535407.jpg

最後には、工作をおこないました。
自分で考えた仕組みと照らし合わせ、どのような仕組みで動いているかを考えながら、自分だけのからくりメリーゴーランドを完成させました。

f0240709_09541426.jpg

今回は、「考える」ことと「話し合う」ことに主眼をおいた教室でしたが、意欲的にペンを動かし、活発に議論を重ねる子どもたちの様子が印象的でした。
子どもたちの多種多様で、柔軟な発想にふれることができて、スタッフ自身も興味深く、楽しかったです。

この教室では、「カム機構」という一つの答えを提示して、工作をしました。
しかし、正解は決して一つではなく、まだ誰も思い付いたことのない仕組みも存在するかもしれません。
それを発見しようと思考を繰り返し、試行錯誤しながら追い求めていくことに、科学や工学のおもしろさがあると思っています。
教室を通して、そうした「おもしろさ」を少しでも感じてもらうことができたなら、うれしいです。

教室に参加してくださったみなさん、ありがとうございました!
また、教室の場を提供してくださった上、当日の運営にもご協力いただいた目黒ユネスコ協会の方々や、目黒本町社会教育館の方々に、この場を借りて、感謝申し上げます。


ちなみに、10月14日(日)には、東芝未来科学館で「からくりメリーゴーランド」の工作教室を行います。
東芝の創業者、田中久重氏はからくり職人としても知られていて、科学館には、からくり人形やからくり時計も展示されています。
教室の申込は9月18日(火)までとなっていますが、当日空きがあれば、参加することも可能です。
ぜひお越しください。

東工大ScienceTechnoでは他にもさまざまな工作をつくれる、たくさんのイベントを開催しています。
本ブログでも、イベントの予告を随時更新していきます!
興味を持ってくださった方はぜひ参加してみてください!!


今後のイベント情報はコチラ↓
https://tscitech.exblog.jp/27748280/
[PR]
by tscitech | 2018-09-04 12:00 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは、東工大ScienceTechnoの松原です。
今回は8月30日に大田区立洗足池小学校で行った、ウインドカー工作教室の活動報告です!

この教室では「力」をテーマにしました。始めに子どもたちも一緒に考えて力には「物を動かす性質」と「別の力に変わる性質」があることを学びました。

ウインドカーは風の力を車体を動かす力に変えて、走る工作です。子どもたちには始めに学んだことをこの工作で実際に体験してもらいました!

f0240709_09185436.jpg

難しい工作でしたが、順調に進み、皆上手に工作できたようで良かったです!工作後は皆で遊んでとても盛り上がりました!

f0240709_09191722.jpg

f0240709_09194782.jpg

午前は低学年の部・午後は高学年の部で2回行ったのですが、どちらも何事もなく上手くいって良かったです。

今回のイベントに参加してくださった方々、サポートしてくださった方々には感謝申し上げます。ありがとうございました。

私たち東工大ScienceTechnoは他にも様々なイベントを行っています。興味のある方はぜひお越しください!皆さんとお会いできる日を楽しみにしています!
[PR]
by tscitech | 2018-09-01 12:00 | イベント報告 | Comments(0)