今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みなさまこんにちは! サイテク3年の岸です。

今回は4月21日、22日に開催された「Tokyoふしぎ祭(サイ)エンス2018」のイベントの報告です。
このイベントは、4月18日・発明の日を含む「科学技術週間」の一貫として、毎年東京都が主催する小中学生対象の企画で、今年で10回目となります。

会場はお台場の日本科学未来館。1階と7階のフロアでいくつものブースが出展しました。
出展団体には、サイテクのような大学サークルの他に、大学の研究室や高校、東京都医学総合研究所などの研究所も参加していました。
どの団体も小中学生向けに工夫を凝らした工作や実験の体験ブースを出展していました。私自身、他のブースを周って他の団体の出展で学ぶこともありました。


さて、サイテクは22日(日)のみの出展で、「パックンわに」と「コンコンキツツキ」という、ともに磁石を使った工作を出展しました。

f0240709_19224190.jpg
f0240709_19225219.jpg

「パックンわに」は反発する磁石で口を開けたわにさんの工作です。口にU字磁石を近づけると、反発している極では同じく反発し、違う極を近づけるとくっつきます。この性質を使って、お肉は食べるけどピーマンは食べないわにさんになります。

「コンコンキツツキ」はマグネットシートを使った工作です。実は、マグネットシートはN極とS極が交互に並んでいて、同じくマグネットシートを貼り付けたキツツキを動かすと、磁石がくっついたり離れたりを繰り返してキツツキが木をつつく動きになります。

f0240709_19220396.jpg

どちらの工作でも、磁石の性質を動物の動きに見立てて楽しく科学を学んでもらいました。
100人を超える参加者の皆さんに工作を作ってもらうことができました!


また、工作の待ち時間や、工作が売り切れになってしまった後の時間には、ペットボトルで雲を作る実験や、ドライヤーで色が変わる不思議なカツラなどの実験ショーでも楽しんでもらいました。

f0240709_19183246.jpg
f0240709_19195472.jpg

来てくださった皆さんありがとうございました!
工作や実験は5月に東工大で開催されるイベントでも体験できます。興味を持ってくれた方はぜひ参加してくださいね!

5/12(土),13(日)すずかけ祭
https://www.titech.ac.jp/suzukakesai/ (大学公式サイト)

5/26(土)ホームカミングデイ「サイテクサイエンスフェスタ」
https://www.titech.ac.jp/alumni/hcd/ (大学公式サイト)
https://www.t-scitech.net/hcd/ (サイテク特設サイト)

[PR]
by tscitech | 2018-04-30 19:23 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。東工大ScienceTechno2年の長尾です。
今回は4月15日に三菱みなとみらい技術館(横浜市)にて行われた「ホバークラフト」の工作教室の活動報告をさせていただきます。

皆さん摩擦は知っていますか。
もしもこの世界に摩擦が無かったら、誰も今までの生活をこれまで通り送ることはできないでしょう。

まず摩擦力を実感してもらうために、2冊の本を交互に挟み込んで1つにしたものを引っ張って再び2冊に分けることができるか、という実験をしました。
f0240709_19141797.jpg

本の自重で各ページにてかなり強い摩擦力が生まれるので、そのまま引っ張るだけでは2冊に分けることはできません。

しかし、摩擦はくっついているときに働くことから、それぞれのページの間に空気を送って隙間を開けることによって、最終的にはみんな2冊に分けることができました!

「ホバークラフト」は摩擦を楽しく学ぶことのできる工作で、中にプロペラが付いていて、プロペラによる風の力によって工作と床の間の摩擦を減らし、滑りやすくなるという仕組みです。

f0240709_19143294.jpg

わたしたち東工大ScienceTechnoでは、「ホバークラフト」以外にも科学について楽しく学べる工作教室やショー、展示を様々な場所で開催しています!
みなさんのお越しをお待ちしております!

[PR]
by tscitech | 2018-04-30 19:15 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは!サイテク2年の妹尾です。
今回は4月8日に東芝未来科学館で行われたイベントの活動報告をさせていただきます。

この工作教室では「光るぶんぶんごま」というものをみんなで作りました。みんなの様子を見てると、どうやら「ぶんぶんごま」というものを触ったことがない人も多いようで最初は回すのに一苦労という感じでしたが、最後にはみんな上手く回せていました。
f0240709_00580354.jpg
ちなみに光るぶんぶんごまはコイルとLEDを繋いだものをぶんぶんごまに入れて磁石の近くで回すと光るという工作ですが、光る理由について少し補足をしておきます。

私たちの周りには「磁界」というものがあります。これは風向きのようなものなのですが、例えば地球の南から北に向かって磁界があるのでコンパスを使うと北がどちらかわかります。

この磁界は磁石の近くでは強く、遠くなるほど弱くなります。コイルの中の磁界が変化するとコイルに電圧が生じてLEDが光ります。

なんだか珍しい仕組みのようですが、実はコンセントなどに送電するために発電所でつくられる電気はほとんど全てこの仕組みで作られており、手で紐を引く代わりに燃料や水、風などの力で磁石を動かして発電しています。

東工大ScienceTechnoでは他にも身の回りにある科学や原理を題材にした工作教室、実験ショーなどを行なっています。興味を持った方はぜひイベントに参加してみてください!
[PR]
by tscitech | 2018-04-23 01:06 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。
東工大ScienceTechno三年の清水です。
4月7日に新宿コズミックセンターで開催されたレガス祭りに参加してきました。

今回のテーマは空気と音のショー。屋内の武道場の一画を借りて、ブロワーを使ってボールを浮かべる実験やドップラー効果を体感できる実験などを披露しました。
f0240709_00420246.jpg
f0240709_00434516.jpg
途中トラブルもありましたが、結果として当初予想していた数の数倍もの子どもたちや保護者の方々に楽しんでいただくことが出来ました。

前に立って実験を見せてくれた博士たちも、子どもたちに喜んでもらえて楽しみながら実験を行っていました。

最後になりましたが、今回来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
東工大ScienceTechnoは今後も活動を続けていきますので、今後もよろしくお願いします。
[PR]
by tscitech | 2018-04-23 00:44 | イベント報告 | Comments(0)