今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

みなさんこんにちは!東工大ScienceTechno 3年の坪井です。

本日は、1月21日に大田区の洗足区民センターで行った「光るぶんぶんごま」の工作教室について報告させていただきます。

光るぶんぶんごまは昔あそびであるぶんぶんごまにLEDとコイルを取り入れ、磁石を近づけて回すと光るようにした工作です。

工作教室では、初めにLEDの説明、コイルがどんなものかの説明を行いました。
それから簡単な演示実験を通して、コイルのそばを磁石が通り過ぎるとどうなるかみんなで観察しました。

f0240709_11110777.jpg

演示実験を終えて、いよいよ工作に入っていきます。綺麗に作るためには慎重な作業も必要でしたが、みんなマスキングテープで装飾なども行って最後は自分だけのぶんぶんごまを作れていました。

f0240709_11131340.jpg

ぶんぶんごまを初めて回す子もいましたが、最後はみんな自分の力で光らせることができて大変良かったです。

f0240709_11134051.jpg

今回の報告は以上です。参加してくださった皆様、ありがとうございました。

サイテクでは、他にも様々なイベントを開催しています。皆様のご参加をお待ちしています!

[PR]
by tscitech | 2018-01-29 11:13 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。東工大ScienceTechno 1年の富澤です。
去る1月14日に川崎市にある東芝未来科学館で、望遠鏡の工作教室を行いましたので報告をいたします。
今回のイベントではまず、サイのマークが底に描かれた二つの紙コップ(一方は何も入っていない&もう一方は水が入っている)を上からの覗いて、徐々にしゃがむとどちらが先に見えなくなるかを比較しました。この実験を通して、子供たちは望遠鏡の仕組みである「光の屈折」を学ぶことができました。
f0240709_12104017.jpeg

次に、望遠鏡の材料である凸レンズと凹レンズにレーザー光をあてると、どう進むかを観察する実験を行いました。子供たちは光が一箇所に集まったり、逆に広がったりする様子を観察して、レンズの性質についてよく理解できたと思います。
f0240709_12115472.jpeg

最後に、凸レンズと凹レンズを実際に使って、自分だけの望遠鏡を工作しました。工作用紙は厚かったため、子供たち作るのには一苦労していた様子でしたが、上手に作ることができました。完成後、子供たちは望遠鏡を覗き込んで周りの様子を楽しそうに観察していました。
f0240709_12141070.jpeg

今回のイベントに参加してただいたみなさん、ありがとうございました!また、科学や工作に興味があれば、ぜひ他の工作教室やショーに遊びに来てください!
[PR]
by tscitech | 2018-01-18 20:43 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。東工大ScienceTechno 2年の細川です。


1月13日に三菱みなとみらい技術館で「光るぶんぶんごま」の工作教室を行いましたので報告させていただきます。

f0240709_12411662.jpg

光るぶんぶんごまは「電磁誘導」という原理を使った、LEDとコイルを入れたぶんぶんごまを回しながら磁石に近づけるとLEDが光り出すという工作です。


工作をするにあたってまず電気の素である、「電子」というものについて皆さんで勉強をしました。
少し難しいテーマでしたが、皆さんちゃんと理解出来ていたようで良かったです。

f0240709_12421644.jpg

工作の方も皆さん上手にできていて、ぶんぶんごまのLEDが光りだす様子を確認できました。

f0240709_12433544.jpg

とても寒い中のイベントでしたが、参加してくださった皆様、ありがとうございました。
東工大ScienceTechnoでは他にも様々な工作を使った工作教室や、実験ショーを行っています。
興味を持った方は是非参加してみてください!
[PR]
by tscitech | 2018-01-18 20:42 | イベント報告 | Comments(0)