今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

カテゴリ:イベント報告( 350 )

こんにちは。
東工大ScienceTechno 3年の岡本です。

3/13に目黒区立緑ヶ丘小学校で、パックンわにとコンコンキツツキの工作教室を実施しました。
今日はその報告をさせていただきます。
これら2つの工作は「磁石」の性質をみなさんに紹介する目的で私たちが考えた工作です。

f0240709_17480495.jpg


今回の教室に参加してくれた緑ヶ丘小のみなさんには、教室のはじめに次のような「磁石」の性質を学んでもらいました。
・磁石にはN極とS極がある。
・N極とS極を近づけるとくっつき、N極どうしまたはS極どうしを近づけると離れる。

f0240709_17480676.jpg

その後、私たちスタッフの手も借りながらパックンわにとコンコンキツツキを作りました。

パックンわには、お肉とピーマンの絵が描かれた紙を貼り付けたU字磁石をわにの口に入れて遊びます。
わにはお肉を出されると口を閉じて食べますが、ピーマンを出されると嫌がって口を閉じません。

f0240709_17480609.jpg

コンコンキツツキはキツツキをシートの磁石の上で動かして遊びます。
シートの磁石の上でキツツキを動かすと、キツツキはくちばしで地面を「コンコン」と繰り返しつつきます。

f0240709_17480565.jpg

どうしてわにやキツツキはこのように動いてくれるのでしょうか?
もちろん、今回の教室のテーマである「磁石」が大切なはたらきをしています。
ぜひその仕組みを考えてみてください。

児童のみなさんが2つの工作に強く興味を持ち、完成した工作で様々な遊び方を試そうとする様子が印象的でした。
参加してくれた緑ヶ丘小学校のみなさん、ありがとうございました。

by tscitech | 2019-03-19 17:50 | イベント報告 | Comments(0)
皆さんこんにちは!東工大ScienceTechno 2年の大髙です。
今日は3月2日に目黒区総合庁舎で行われた「光るぶんぶんごま」の工作教室の報告をさせていただきます。

「光るぶんぶんごま」とは、ぶんぶんごまにコイル付きのLEDライトを仕込んでおくことで、ぶんぶんごま磁石に近づけて回すと、LEDライトを光らせることが出来る工作です。

f0240709_16272001.jpg

この教室では、最初に「電気」の説明をして、コイルの近くで磁石を動かすと電気を作れることを伝えました。そして、その「磁石」と「電気」の関係を示すためにいくつかの演示実験をしました。

f0240709_16271933.jpg

実験の後はいよいよ工作です。
今回、お父さんと子供が一組になって参加するイベントだったので、親子一緒に工作を行いました。
子供たちだけでは難しい作業はお父さんに手伝ってもらったりして、皆さん工作を完成させることができました。

f0240709_16271837.jpg

完成した後は実際にぶんぶんごまで遊びました。
ぶんぶんごまは回すのにコツが要ります。
コツを掴んで上手く回せた人もいれば、なかなか上手く回せず苦戦していた人もいました。
いずれにしても親子共にこの工作にかなり興味を持ってくださったようで、こちらも嬉しかったです。

f0240709_16272010.jpg

今回のイベントに参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!
東工大ScienceTechnoでは、他にも様々な科学に関わるイベントを行っています。
「今後のイベント情報」はこのブログのトップの記事に書かれていますので、もし興味があれば是非参加して下さい。
皆さまの参加をお待ちしています。

by tscitech | 2019-03-19 16:29 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは!東工大ScienceTechno2年の内田です。
今日は3月2日に新宿コズミックセンターで行ったコップギターの工作カフェについてお伝えします。

この日、コズミックセンターでは「レガス子どもフェスタ2019」というイベントが催されており、私たちはその1ブースとして出展しました!

f0240709_21461704.jpg

コップギターとは、プラコップが胴体、割りばしが棹、輪ゴムが弦の変わったギター。輪ゴムを押さえる位置や、輪ゴムの張り具合によって、音の高さが変わります!
工作を通じて、子どもたちに音の伝わり方や、音の高さの違いがどうやって生まれるのかということについて学んでもらいました!
みなさん丁寧に工作に取り組んでおり、良い響きのコップギターが完成しました。中には音を変えて「きらきら星」を演奏する子も・・・!楽しそうに作っていたので嬉しかったです。

f0240709_21481728.jpg

今回のイベントに参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!
東工大ScienceTechnoでは、ほかにも様々な科学を取り入れたイベントを行っています。今後のイベント情報はこの「東工大ScienceTechnoのブログ」のトップの記事に書かれてありますので、興味を持った方はぜひ足を運んでみてください。

by tscitech | 2019-03-18 11:26 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。東工大ScienceTechno 3年の津嶋です。
2月24日に三菱みなとみらい技術館で行った「ポンポン船」の工作教室の活動報告です。

ポンポン船はロウソクの火で水を沸騰させて進む工作です。
水が水蒸気になるときに体積が大きくなることで推進力が生まれます。

説明と実験を通して、実際に水蒸気になって体積が大きくなることを確認しました。

f0240709_17163118.jpg

工作では、カッターを使ったりアルミパイプを曲げたりする、やや難しい工程もありましたが、スタッフと一緒にみんなで上手に作ることができました。

f0240709_17163164.jpg

工作のあとはプールや洗面器に張った水に浮かべて遊びました。

f0240709_17163000.jpg

イベントに参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

東工大ScienceTechnoでは、三菱みなとみらい技術館のほか、多くの場所でイベントを行っています。
事前申し込みが不要なものもあります。
このブログのイベント情報のページなどで告知しておりますので、ぜひお気軽にご参加ください!

by tscitech | 2019-03-05 17:15 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。東工大ScienceTechno2年の大段です。
今回は2月23日に大田区立清水窪小学校で行われた「パタパタぞうさん」の工作教室の活動報告をさせていただきます。

「パタパタぞうさん」はぞうの鼻がふりこのようになっていて、鼻の先についているおもりの位置を変えることでふりこの動きを観察できる工作です。

f0240709_22555474.jpg

最初にふりこの「周期」を説明します。
ふりこの糸の長さを変えたり、ふりこのおもりの数を変えたり、ふりこの振れ幅を変えてみて「周期」がどのように変わるのかを実際に見てもらいました。
おもりがないふりこと、おもりがあるふりこも見比べました。

f0240709_22555592.jpg

実験が終わった後、いよいよ工作が始めます。
工作では目をかいたり、装飾をつけたりして自分だけのかわいいぞうさんができました。

f0240709_22555302.jpg

工作が終わった後、ふりこを2つ繋げた二重ふりこを見てもらいました。
普通のふりことは違って奇妙な動きをする二重ふりこにみんな興味津々でした。

f0240709_22555507.jpg

今回のイベントに参加していただいたみなさん、ありがとうございました。
サイテクでは、他にも様々なイベントを開催しています。みなさんの参加をお待ちしています!

by tscitech | 2019-03-04 23:19 | イベント報告 | Comments(0)

皆さんこんにちは!

東工大ScienceTechno 2年の冨田です。


2/10に東芝未来科学館で行われたイベントの活動報告をします

今回はカメラオブスキュラの工作教室を行いました。

カメラオブスキュラは凸レンズを使ってうまくピントを合わせることで、周りの景色をスクリーンに映し、上下左右さかさまの景色を見る工作です。

f0240709_15303927.jpg

教室では、まず複数の光を平行に凸レンズに当てると光がどのように進むのかという実験をしました。そこで、凸レンズは光を集める働きがあることを学びました。

f0240709_15304716.jpg

実験が終わればいよいよ工作です。

今回は時間に余裕があったので、子供たちも落ち着いて工作することが出来ました。

f0240709_15305163.jpg

作った後に工作を通して、色々なものを見て遊びました。

みなさん一生懸命工作に取り組んでおり、きれいに作ることが出来ました。

みなさん楽しそうにしていたので嬉しかったです。

f0240709_15305576.jpg

今回のイベントに参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!

東工大ScienceTechnoでは、ほかにも様々な科学を取り入れたイベントを行っています。

今後のイベント情報はこの「東工大ScienceTechnoブログ」のトップの記事に書かれてありますので、興味を持った方はぜひ足を運んでみてください。


by tscitech | 2019-02-18 13:14 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは、東工大ScienceTechno2年の冨澤です。
今回は、1月26日に洗足区民センターで行いました「エコカイロ」の工作教室の報告をさせていただきます。

「エコカイロ」とは、「過冷却」という化学の仕組みを利用した工作で、白い粉(酢酸ナトリウム)を水で溶かした液体とヘアピンが袋の中に入っています。
袋を熱いお湯であたためて、ゆっくり冷ましてから、ヘアピンで衝撃を与えると、袋の中の液体が固まって発熱し、カイロとしてはたらきます。
普通のカイロとは違って、あたためなおすことで何度も繰り返し使うことができてエコです。
水には、温度によって色が変わる「サーモインク」を混ぜて、あたたかくなっているのを色で分かりやすくしました。

f0240709_19362456.jpg

普段は、工作の仕組みを伝えてから工作をはじめることが多いのですが、今回は袋をあたためるのに時間がかかるので、最初に工作を行いました。

まず、粉とサーモインクの入った水を袋の中で合わせました。
水はスポイトで吸い上げて、袋に入れます。
スポイトを初めて使う子供たちも多かったものの、スタッフに教わりながら、元気に工作をしていました。

f0240709_19362352.jpg

袋にヘアピンを入れたら、スタッフが袋をあたためます。
その間に、子どもたちには、「過冷却」や「サーモインク」について実験ショーを通じて理解してもらいました。
使い捨てカイロの中身を開けたり、ドライヤーの風をあてると髪の色が変わるカツラや、袋のかわりにビンに用いた大きなエコカイロを見たり、様々な体験をしました。

f0240709_19362395.jpg

f0240709_19362272.jpg

教室の最後には、自分で作ったエコカイロがあたたまる様子を、中に入れたヘアピンをパチパチしながら、実感してもらいました。
上手くできた子も、残念ながら上手くいかなかった子も、他の子とエコカイロを交換し合って、みんな楽しんでくれました。

今回のイベントにご参加いただいた皆様、大変ありがとうごさいました。

東工大ScienceTechnoでは、洗足区民センターのほかにも、いろんな場所でいろんな科学をテーマとしたイベントを行っております。
興味をお持ちになりましたら、是非ご参加ください。

by tscitech | 2019-02-06 11:18 | イベント報告 | Comments(0)
皆さんこんにちは。

1/20に東根住区センターで、「光と色」をテーマにしたサイエンスショーと「虹色スコープ」の工作教室を行いました。
今回はその報告をさせていただきます。

はじめに、子どもたちにはサイエンスショーを観てもらいました。
実験の前には大きな声で掛け声をかけてくれたり、実験の結果を見たときには表情豊かに反応してくれたり、とても元気な子どもたちでした
そのおかげで、わたしたちもとても楽しみながらショーを行うことができました。

f0240709_17534315.jpg

f0240709_17534354.jpg

ショーの後には、虹色スコープの工作をしました。
虹色スコープは、分光シートを用いていて、光を透かすと簡単に虹色の模様を見ることができる工作です。
ショーに続いて「光と色」についての工作をすることで、より理解を深められたのではないかと思います。

f0240709_17534367.jpg

f0240709_17534283.jpg

参加してくださった皆さんありがとうございました。
サイテクでは他にも様々なイベントを開催しています。
ご縁があれば是非参加してみてください。

by tscitech | 2019-02-02 18:06 | イベント報告 | Comments(0)
皆さんこんにちは!
東工大ScienceTechno1年の野田です。

今回は、1月19日に大田区産業プラザPiOで行われたBWBこと、ブラックウォールボックスの工作カフェの報告をさせていただきます。
この日は「第17回ものづくり教育・学習フォーラム」というイベントが行われており、サイテクはそこに1つのブースを出展いたしました。

ブラックウォールボックスは、箱の中に、実際には存在しないはずの壁が、あるように見えるという何とも不思議な工作です。

このような現象が起こる原因として、光の偏光性というものがあります。
(これはとても難しい話なので興味のある方は調べてみてください。)

f0240709_18404536.jpg

なぜ壁があるように見えるのか、子供たちが興味を持っていてくれていることが、とてもうれしかったです。

f0240709_18404439.jpg

f0240709_18404441.jpg

また当日はたくさんの方に足を運んでいただきました。本当にありがとうございました。

東工大ScienceTechnoにはブラックウォールボックス以外にも、たくさんの工作があり、様々な場所で活動を行っています。
今後のイベント情報はこのブログのトップで見ることができます。
興味をお持ちになった方はぜひ足を運んでみてください。

by tscitech | 2019-02-02 17:24 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは! 
東工大ScienceTechno 3年の吉武です。

1/13に東芝未来科学館で行われたイベントの活動報告をします。
今回は虹色スコープの工作教室を行いました。

虹色スコープはのぞくと虹色のきれいな模様が現れる工作です。
分光シートという白い光を虹色に分けてくれるシートを使っています。

f0240709_21082268.jpg

教室では、まず光と色の実験を通じて「色を混ぜるとどうなるか」「光を混ぜるとどうなるか」ということを説明しました。
また、工作で使う分光シートで部屋の明かりをのぞいてもらい、白い光がいろいろな色の光でできていることを説明しました。

f0240709_21082025.jpg

f0240709_21082271.jpg

実験が終わればいよいよ工作です。
今回は時間に余裕があったので、子供たちも落ち着いて工作を行うことができました。
作った工作はマスキングテープやペンで飾り付けをしました。
みんなおもいおもいの虹色スコープを完成させていました。子供たちが作った虹色スコープで楽しそうに遊んでくれて嬉しかったです!

f0240709_21082196.jpg

今回のイベントに参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!

東工大ScienceTechnoでは、ほかにも様々な科学を取り入れたイベントを行っています。
今後のイベント情報はこの「東工大ScienceTechnoのブログ」のトップの記事に書かれてありますので、興味を持った方はぜひ足を運んでみてください!

by tscitech | 2019-01-26 21:11 | イベント報告 | Comments(0)