人気ブログランキング |

今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

カテゴリ:イベント報告( 364 )

皆さんこんにちは。
東工大ScienceTechno 1年の鈴木です。

今回は、6月16日(日)に横浜市の三菱みなとみらい技術館で行われた「ラチェットごま」の工作教室の報告をいたします。

「ラチェットごま」は、一方向に回すと動き、反対方向に回すと空回りする「ラチェット歯車」を用いた工作です。

f0240709_17475411.jpg

教室は午前と午後の2回行いました。

教室の前半では、歯車が回転を伝えることや、ラチェット歯車が一方向にしか動かない仕組みを学びます。
子どもたちは元気に手を挙げて、私たちの質問に答えてくれました。

f0240709_17475641.jpg

学んだことをふまえて、後半でラチェットごまの工作に取り組みます。
少々作るのが難しい工作でしたが、みんな完成したときはとても喜び、楽しそうに遊んでいました。

f0240709_17474999.jpg

ご来場の皆さん、ありがとうございました!
私たち東工大ScienceTechnoは、他にも様々なイベントを行っております。
少しでも興味があれば、ぜひ足をお運びください。

by tscitech | 2019-06-22 17:51 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは!
東工大ScienceTechno 3年の渡邊です。
5月25日(土)に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された「ホームカミングデイ2019」に、我々サイテクも出展させていただきました。

ホームカミングデイは、東工大の在校生と卒業生の交流や、地域の方々に東工大について知っていただくことを目的に、年に一度大岡山キャンパスで開催されているイベントです。
今年、我々は「偏光万華鏡」と「パタパタぞうさん」の工作、および「実験体験コーナー」を披露しました。

f0240709_13232368.jpg

f0240709_13232329.jpg

サイテクのイベントに参加したことのなかった小さい子から、サイテクのOB・OG、東工大を卒業して40年以上経つという卒業生の方まで、非常に幅広い層の方にご来場いただきました。

また今回、現在のサイテクの活動をまとめたポスターを作成し、展示しました。
保護者の方々やサイテクOB・OGの方に、サイテクは普段どのようなことを行っているサークルなのか、
今のサイテクはどんなことをしているのかについてお知らせする良いきっかけになったと思います!

f0240709_13232467.jpg

f0240709_13232555.jpg

ホームカミングデイにお越しになってくださった皆様、本当にありがとうございました!
東工大ScienceTechnoでは、ほかにも様々な科学に関するイベントを行っています。
今後のイベント予定も公開しておりますのでぜひご確認ください。

by tscitech | 2019-06-02 13:25 | イベント報告 | Comments(0)
皆さん、こんにちは!
東工大ScienceTechno 1年の多々見です。

今回は、5月18日(土)に大田区洗足区民センターで行われた「ちからクラゲ」の工作教室の様子をお伝えします。
この「ちからクラゲ」は、紐を巻きつけた2つの軸の半径の差を利用して、紐を下に引っ張ると、クラゲが上に登っていくという不思議な工作です。

前半では、各テーブルごとに、それぞれ軸の大きさの違う3匹のちからクラゲーズをつかって、紐を引っ張った時の様子やそれらの仕組みを観察しました。
そして次に、小さなカラーコーンの両端を同時に反対向きに回し、コーンの太い側と細い側どちらがうまく回せるかを確かめました。

f0240709_13012557.jpg

f0240709_13012516.jpg

後半では、実際にちからクラゲの工作を行いました。
細かい作業が多い中、みんな手際よく丁寧に作ってくれて、完成した後は、とてもかわいいちからクラゲ達で楽しそうにたくさん遊んでいました。

f0240709_13012637.jpg

このイベントに参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
私たち東工大ScienceTechnoはこの他にもいろいろなイベントを行っています。

興味がございましたらこのブログのいちばん上にある「今後のイベント情報」と書かれた記事をぜひご覧ください。

by tscitech | 2019-06-02 13:04 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。
東工大ScienceTechno 3年の山本です。
5月11日(土)、12日(日)に東京工業大学すずかけ台キャンパスで開催された「すずかけサイエンスデイ2019」にて、「工作コーナー」と「実験体験コーナー」、2つのコーナーを出展しました。

昨年まですずかけ祭と呼ばれていたこのイベントですが、今年も変わらず多くの方に足を運んでいただいたこと、大変嬉しく思っています。

「工作コーナー」では「パタパタぞうさん」と「偏光万華鏡」の2つの工作を行いました。

f0240709_18344150.jpg

f0240709_18344217.jpg

また、「実験体験コーナー」では、「空気砲」や「メビウスの輪」をはじめ、コイルを動かしてスピーカーから音楽を流す「電磁誘導マシーン」、偏光板の仕組みに迫る「偏光モニター」、ひもを引っぱるとういたりしずんだり、滑車の仕組みを利用した「ちからクラゲーズ」など、様々な科学を題材に、目で見て手で触れられる展示を行いました。

高校で学ぶような難しい内容も一部含まれていたので、開催前は楽しんでもらえるか不安でした。
しかし、来てくださったお子さんは熱心に、そして楽しそうに話を聞いてくれて、スタッフの一人として安心しました。

f0240709_18344333.jpg

今回と同様の内容で、5月25日(土)に東工大の大岡山キャンパスで行われるホームカミングデイ2019でも出展させていただきます。
すずかけサイエンスデイには来られなかった方や、工作が売り切れてしまい作れなかった方などに足を運んでいただければ幸いです。

最後に、サイテクのイベントは、イベントの日だけで終わらないもの、であって欲しいと思っています。
家に帰った後、触れたこと、感じたこと、不思議に思ったことを、家族で共有し、夏休みの自由研究などを通じて、さらに考えを深めてもらえれば嬉しいです。

by tscitech | 2019-05-21 18:32 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。東工大ScienceTechno 3年の綱です。

4月30日に江戸川区こども未来館で平成最後の工作教室を行いました。

工作は「基数ソート」といって、1から15までの数字のカードを、簡単に数字の小さい順に並べ替えることができるというものです。

まず、ソートについて学ぶために8個のおもりを重さの順番に並べ替える方法を考えます。
より素早く正確に並べ替えるためにはより良いアルゴリズムを見つける必要があるということを実際に体感することができました。

f0240709_23013077.jpg

f0240709_23013177.jpg

ソートについて理解したら、次は工作です。
基数ソートでは、数字を1,2,4,8を使った足し算で表すことが重要です。
頭を使って計算しながら、工作に取り組みました。

完成した工作で実際に遊んでみると、カードに空いた穴にくしを4回通すだけで、本当に数字を並べ替えられたことに、みんなとても驚いていました。

f0240709_23013284.jpg

東工大ScienceTechnoでは、ほかにも様々なイベントを行っています。
このブログのトップにある今後のイベント情報を見て、気になったイベントがありましたらぜひ足を運んでみてください。

令和も東工大ScienceTechnoをよろしくお願いします。

by tscitech | 2019-04-30 23:04 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。
東工大ScienceTechnoの堀越です。

今回は4月21日に三菱みなとみらい技術館で行われた「ホバークラフト」の工作教室の報告をさせていただきます。

「ホバークラフト」は、プロペラのおこす風の力で地面との摩擦を減らし、滑るように進む工作です。

前半は、摩擦について勉強しました。
摩擦は、ものとものが触れあっているときに働く力です。
まず、重いものと軽いものではどっちの方が摩擦が大きくなるかを、実演しながら確認しました。
つぎに、2冊の本を1ページずつ重ねていったものを子供達に左右に引っ張ってもらうことで大きな摩擦の力を体験してもらいました。

f0240709_22333574.jpg

後半は、「ホバークラフト」を作ります。

f0240709_22333434.jpg

工作の最後には、みんなが思い思いに工作に絵を描いたり、色を塗ったりしました。
完成したホバークラフトを、床や机の上で滑らせて、楽しそうに遊んでくれました!

f0240709_22333705.jpg

参加してくれた皆さま、本当にありがとうございました。

東工大ScienceTechnoでは、ほかにも様々な科学に関するイベントを行っています。
今後のイベント予定も公開しておりますのでぜひご確認ください。


by tscitech | 2019-04-30 22:39 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。
東工大ScienceTechno3年の長尾です。

4/14に川崎にある東芝未来科学館にて「からくりメリーゴーランド」の工作教室を行いました。

「からくり」とは「部品の形や組みあわせで動く機械のしくみ」のことです。
「からくり」というと、昔の機械をイメージするかもしれませんが、現代でもいろんな場所で見ることが出来ます。
例えば、自転車には「ラチェット機構」という「からくり」が使われていたりします。
(一般的な自転車のペダルを漕いでも、前には進めるが後ろには進まないのは「ラチェット機構」のおかげです)

f0240709_09391001.png

たくさんある「からくり」の中でも、今回は「カム機構」について勉強しました。
カム機構とは、運動の向きを変えるしくみのひとつです。
工作では、「回転しながら上下に動く」機構を簡単に作りました。

f0240709_09390970.jpg

実はこのカム機構、あの「茶運び人形」にも使われています。
東芝未来科学館にある豊富なからくりの展示を見学することにより、理解も深められたと思います。

f0240709_09391010.jpg

f0240709_09390949.jpg

今回のイベントにご参加いただいた方々、ありがとうございました!

今後も様々なイベントを実施予定です。
今回抽選漏れとなってしまい参加できなかった方も、このブログで東工大ScienceTechnoをお知りになった方も、ぜひご参加ください!

by tscitech | 2019-04-24 09:42 | イベント報告 | Comments(0)

みなさんこんにちは!東工大ScienceTechno 3年の内田です。
今日は4月6日に新宿コズミックセンターで行った「虹色スコープ」の工作教室についてお伝えします。
この日、コズミックセンターでは「レガスまつり2019」というイベントが催されており、私達はその1ブースとして出展し、1回あたり60分、計3回の工作教室を行いました!

f0240709_19443882.jpg
虹色スコープ」とは、白い光を様々な色に分ける「分光シート」を用いて、虹色の模様を浮かび上がらせる工作です。工作を通じて光の色の混ざり方などについて学びました。
皆さんとても丁寧に工作に取り組んでおり、素敵な「虹色スコープ」が完成しました!スコープを覗き込んで歓声を上げる子もいるなど、とても楽しいイベントになりました!


f0240709_19443667.jpg
今回のイベントに参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!
東工大ScienceTechnoでは、ほかにも様々な科学を取り入れたイベントを行っています。
今後のイベント情報はこの「東工大ScienceTechnoのブログ」のトップの記事に書かれてありますので、興味を持った方はぜひ足を運んでみてください。



by tscitech | 2019-04-21 19:48 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。
3/24に東芝未来科学館で開催された「第4回サイエンスリンクフェスタ」に参加してきました。

このイベントは、サイテクが普段行っている子供向けの工作教室などとは異なり、サイエンスコミュニケーションを行っている団体同士の交流を目的としたものでした。
サイテクは分光シートを用いて、虹色の綺麗な形の模様を見せてくれる「虹色スコープ」という工作を作ることができるブースを出展しました。

f0240709_21263152.jpg

f0240709_21263191.jpg

そこで他の団体の方と、その工作を作ってもらいながら、様々なイベントの情報やアイデアの交換などを行って親睦を深めました。
他の団体も様々な出展を行っていて、お互いにとても良い刺激になったと思います。
今後ともより良いサイエンスコミュニケーションを目指して努力していきたいと思います。

by tscitech | 2019-04-09 21:27 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。
東工大ScienceTechno2年の北野です。

3/23に北山田小学校コミュニティハウスでゼンマイカーの工作を行いました。
今日はその報告をさせていただきます。

f0240709_21175121.jpg

世の中には、様々な種類のバネがあります。
よく見るものだと「つるまきバネ」とかが挙げられますね!
(ボールペンの中にも入っている、螺旋状に巻いてあるバネのことです。)
他にも「板バネ」とか色々と種類がありますが、今回作ってもらったゼンマイカーはその中で「ゼンマイバネ」を用いたものです。

教室では最初に色々な種類のバネの持つ、それぞれの性質を説明したあと、ゼンマイカーを作成しました。

みんな、自分だけのオリジナルゼンマイカーをつくっていて、それぞれのアイディアが眩しく輝いていました。

実際に走らせてみたときには、ゼンマイカーがよく走る子とそうでない子がいました。
後者は走らない原因をスタッフと一緒に考えながら改良を加えていて、科学的思考の教育に一役買ったのではないかと個人的に満足しています。

f0240709_21174991.jpg

f0240709_21175107.jpg

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
私たち東工大ScienceTechnoは他にも色々なイベントをしています。
ぜひ他のイベントにもお越しください!みなさんに会えるのを楽しみにしています。

by tscitech | 2019-04-09 21:20 | イベント報告 | Comments(0)