今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech
みなさん、こんにちは。
東工大ScienceTechno3年の高橋です。
今回、7/1(土)に大田区の清水窪小学校で開催した「クロマトマーカー」の工作教室の活動報告をします。

クロマトマーカーとは、ろ紙の上でペンのインクが水によって広がる現象を利用して、オリジナルしおりを作る教室です。
教室では、まず最初にすべての色が赤、黄、青の三色でできていることを学びました。
そして、それが本当なのか、実際に、クロマトグラフィーという混ぜられたものを分ける方法を使って、ろ紙の上で水性ペンのインクを分けてみました。ろ紙に水をつけると、水性ペンで描いた点が、さまざまな色に分かれていく様子を見ることができました。
しかし、油性ペンで描いた点は広がりませんでした。それは、油性ペンのインクは水にとけないからでした。
それでは、油性ペンのインクがとけるエタノールを使ったらどうでしょうか。
実験をしてみると、油性ペンで描いた点をさまざまな色にわけることができました。

f0240709_18553667.jpg
f0240709_18590760.jpg

最後に教室で学んだことを利用してオリジナルのしおりづくりにチャレンジしました。
25名近くの子どもたちに参加していただきましたが、みんなそれぞれの創意工夫がみられ世界に一枚だけのしおりを作ることができました!
中には少々失敗しちゃった子もいましたが、家でもできる工作なのでぜひチャレンジしてみてください。(夏休みの自由研究にいいかも!)

f0240709_18555170.jpg

クロマトグラフィーは実際の研究でも使われる方法です。この教室によって一人でも多くの子に理科を好きになってくれたらうれしいです。
サイテクでは、小学校や科学館でサイエンスコミュニケーション活動を行っています。また別のイベントで会えることを楽しみにしてます。

[PR]
# by tscitech | 2017-07-05 19:00 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。東工大ScienceTechno1年の寺島です。今日は6月24日(土)に田道小で行われたホバークラフトの工作教室についての活動を報告します。
ホバークラフトは摩擦を少なくすることでよく滑るようになるという工作です。
まずはみんなで摩擦について勉強しました。
ざらざらした木とつるつるした氷や、軽い木と重い鉄はどちらが滑りやすいか比べてみて、摩擦が大きくなるときについて知りました。
その後に、2冊の本を互いにページを挟んだものを使って、実際に摩擦の大きさを体験してみました。1枚1枚は弱い紙なのに挟むだけで大人でも引き離せなくさせる摩擦の強さにみんな驚いていました。
f0240709_16422707.png

摩擦の力を体験したところでいよいよホバークラフトの工作です。胴体の内側にプロペラをいれることで摩擦を少なくする工夫をしながら組み立てていきました。
f0240709_16423545.png

完成した後は廊下に持ち出して実際に滑らせてみました。みんなとても上手に工作できていてどのホバークラフトが一番長く進むか競争などをしてたくさん楽しむことができました。
f0240709_16421943.png

サイテクではこのほかにもたくさんのイベントを行っています。「工作の作り方をもっと知りたい」など、興味を持たれたら是非お越しください。

[PR]
# by tscitech | 2017-07-03 12:20 | イベント報告 | Comments(0)
皆さんこんにちは、東工大ScienceTechno3年の皆合です。今回は、5/20に東京工業大学大岡山キャンパスで行われたホームカミングデイ2017での、当団体の出展企画「サイエンスラボ」についての活動報告をします。
「サイエンスラボ」では、主に二つの内容、科学のことについて見て体験して楽しく学べる展示と、スタッフのお兄さんお姉さんと一緒に工作を作って遊んで学べる工作カフェを出展しました。
展示では、6つのブースがありました。
・示準化石と示相化石について学び、そして化石のレプリカを作ることができる「化石」
指定の通りに歯車を動かすミッションをこなすことで歯車の動き方の法則を体験できる「歯車」
・見えないはずなのに見える、見えるはずなのに見えないという錯覚を体験をしてその理由を学べる「心理学」
・偏光板について自分で作って学べる「高分子」
・家の強さの秘密や電車が曲がる秘密を模型を使って学べる「構造」
来てくれた子どもたちは、それぞれのブースで不思議を体験して、その理由について説明するスタッフからの話を楽しそうに聞く姿が見られました。また、保護者の方も感心してくださって、時には子どもよりも夢中になって話を聞き、質問なさることもありました。
 工作カフェでは、3つの工作ができました。
・虹が見える理由を学べる「分光器」
・風に向かって進む車「ウィンドカー」
・自転車のペダルを前にこぐとタイヤが回り、後ろにこぐと回らない理由を体験して学べる「ラチェットごま」
それぞれの工作を、スタッフからの説明を熱心に聞いて部品を組み立て、そして、工作が完成した後、元気に遊んでいる姿が見られました。
「サイエンスラボ」についての活動報告を終わりにします。ご来場していただいた方には、感謝申し上げます。東工大ScienceTechnoでは、今後も様々なイベントを開催します。ぜひ、参加してください。
f0240709_16305214.jpg

f0240709_16331284.jpg

f0240709_16321070.jpg

f0240709_16320207.jpg


[PR]
# by tscitech | 2017-07-02 16:34 | イベント報告 | Comments(0)
みなさん、こんにちは。
東工大ScienceTechno 1年の野平です。
今回は6/25(日)に渋谷区の加計塚小学校で行ったサイエンスショーについて、活動報告をさせていただきます。
今回のテーマは「光」でした。
最初の実験は「光通信くん」。レーザーと太陽光パネルを使ってiPodからスピーカーに音楽を送る実験です。少しノイズが入ってしまいましたが、ちゃんとスピーカーから音楽が流れました。次はプリズムで虹を作る実験。さらに、たくさんのCDを使ってもっと大きな虹を作る実験。続いて、本当は壁がないのに壁が見える不思議な箱の実験。最後に、透明な板を偏光板ではさむとカラフルな動物の絵が浮かび上がる実験を行いました。
その後、観客のみなさんと偏光板を使ったカラフルなストラップを作りました。とても人数が多かったにも関わらず、みなさんの協力のおかげでスムーズに進めることができました。その他にも、実験に合わせた掛け声や拍手、その他のお約束もしっかり守ってくれて、とても嬉しかったです。ありがとうございました。
ショーの終わりに、どの実験が一番面白かったかを観客のみなさんに決めてもらい、それにてショーは終了しました。
今回のサイエンスショーを見てくださった皆さん、本当にありがとうございました。ScienceTechnoは他にも様々なイベントを行っておりますので、ぜひ、そちらにもご参加ください。また会える日を楽しみにしています!
f0240709_21484582.png

f0240709_21482481.jpg

[PR]
# by tscitech | 2017-06-29 17:33 | イベント報告 | Comments(0)
みなさん、こんにちは。
東工大ScienceTechno2年の時廣です。
今回は、5/24(水)に星美学園小学校にて行われた、「コップホン」の工作教室の活動報告をさせていただきます。
コップホンとは、プラコップでスピーカーを作る工作です。
まず、音は物が「ふるえる」ことで伝わっていくことを学びました。
私たちの声は、空気を「ふるえさせて」伝わっていきます。
では、スピーカーはどうやって空気をふるえさせているのでしょうか?
スピーカーの秘密を探るために、みんなでスピーカーを分解してみました。
f0240709_16190765.png
中には「磁石」と「コイル」が入っていました。
次に、スピーカーの中にも入っていた「コイル」について勉強しました。
コイルに電気を流して、磁石を近づけると...?
スピーカーが空気をふるえさせる仕組みを学んだ後は、いよいよ工作です。
実際に自分たちでコイルを作り、コップホンを作っていきます。
完成した後は、実際に音を鳴らしてみました。
みんなのコップホンから綺麗に音が出て、無事に工作は終了です。
ぜひお家でも使ってみてください。

f0240709_16204139.jpg
私たち東工大ScienceTechnoは、他にもいろいろな場所でイベントを行っています。興味がある方はぜひ参加してみてください。


[PR]
# by tscitech | 2017-06-07 16:22 | イベント報告 | Comments(0)