今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech
皆さまこんにちは。
工大祭の企画、サイエンスラボ 実験室で責任者をさせていただきました、清水と申します。

さて、実験室ではサイエンスショーと、実験体験コーナーという目の前でちょっとした実験を体験することが出来る企画の二つを行いました。
中でもメインとなるのがサイエンスショー、演劇調の掛け合いの中で実験を行い、観に来てくれた子供たちや保護者といったお客様に楽しみながら科学の面白さを知ってもらうということが目的のものです。
一日目、二日目ともに一日三回、三種類を公演いたしました。

一回目の演目は「Mr.サイエンスのサイエンスマジックショー」。科学を用いた様々なマジックを披露するマジシャンMr.サイエンスと、その弟子Jr.サイエンスによる公演です。
振るだけで色が変わる不思議な水や、部屋中に虹を映し出す機械など、様々な道具を使ったマジックを披露してくれました。
f0240709_16555877.png


二回目の演目は「ハロウィン・サイエンス・ナイト」、実験室に夜な夜な現れる実験好きなお化けたちが、観客を驚かせるためにさまざまな実験を見せてくれました。
髪の毛の色を変えてみせたり、青い水を赤い塊に変えてみたりと、様々な悪戯や実験で観客たちをびっくりさせてみせました。
f0240709_14034156.jpg
f0240709_16585264.jpg

三回目の演目は「けんたくんとパパの秋休み」。博士が実験を行っている会場に、息子のけんたくんを連れ出したパパ。その二人で博士の実験の助手をしながら科学と触れ合うお話でした。
紙飛行機をどこまでも飛ばし続けたり、マシュマロの大きさを変えてみたりといった、博士が行った数々の実験は観た人達に科学の面白さを教えてくれたことでしょう。
f0240709_17025926.jpg
f0240709_15310382.jpg

ショーの上演後に行った実験体験コーナーでは、身近な食べ物を使って電気を流す実験など、ここでしか楽しめない実験もあり、やってきた子供たちは大喜びしているさまを見せてくれました。
f0240709_15292005.jpg

今年もたくさんの来場者に恵まれ、部員一同も楽しみながら企画を終えることが出来ました。来場してくださった皆様、来てくださってありがとうございます。
来年の工大祭も楽しみにお待ちください!

[PR]
# by tscitech | 2017-11-03 15:36 | イベント報告 | Comments(0)
皆さん、こんにちは。
東工大ScienceTechno1年の竹村です。

今回は 工大祭で行った工作企画「サイエンスラボ 工房」について報告します。

工房では、クランクメリーゴーランド、光るぶんぶんごま、カオス振り子、ブラックウォールボックス、これら四つの工作から好きな物を作ってもらいました。

クランクメリーゴーランドは、往復運動を回転運動に、回転運動を往復運動に変える「クランク機構」を使った工作です。出来上がったものに飾り付けをして、メリーゴーランドの様にして遊んでもらいました!
f0240709_16372405.jpg

光るぶんぶんごまは、磁石とコイルを使った工作です。ぶんぶんごまは両手で持って回すおもちゃです。普通のぶんぶんごまは回しても光りませんが、この工作では磁石とコイルを使って回すと光るようにしました。途中で売り切れになってしまうほど、4つの工作の中でも大変人気でした!
f0240709_16395375.jpg

カオス振り子は、2つの振り子を並べた工作です。これは、同時に動かしても2つの振り子は同じ動きはしないという不思議なもので、作った皆さんも大変不思議そうにしていました。
f0240709_16420325.png

ブラックウォールボックスとは、「偏光板」というある方向の光だけを通すシートを使った工作です。これは、目には見えるけど実際は存在しない黒い壁が見える箱で、「マジックに使えそう!」など、皆さんとても面白がっていました!
f0240709_16405310.jpg

中には難しい工作もありましたが、しっかり話を聞いて楽しそうに作ってくれている姿はとても微笑ましいものでした。そして、苦労しながらも完成させて、遊びながら不思議そうにしたり嬉しそうにしている姿を見ると教えている側としても大変嬉しく思いました!
この度来ていただいた皆さん、本当にありがとうございました!!

f0240709_16335589.jpg
f0240709_17104149.jpg



今回は工大祭という大変大きなイベントでした。東工大ScienceTechnoは他にも色々なイベントを開催しています。
新しくこの工大祭で興味を持って下さった方々、この記事を読んで興味が湧いたという方など、皆さん良ければ他のイベントにもご参加ください!!

[PR]
# by tscitech | 2017-11-03 15:29 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。東工大ScienceTechno2年の鴨川です。
今年の工大祭で開催した「サイエンスガーデン」の報告をいたします。

「サイエンスガーデン」では、身近な科学に関する7つのテーマの展示コーナーを用意して、来場者の方々に楽しんでもらいました。


生き物のしくみコーナーでは、ハニカム構造や羽ばたき飛行機など生き物のしくみを利用した技術についての展示を行いました。
色水を使って白い花を染めたレインボーフラワーは子供たちにとても人気でした。
f0240709_15590759.jpg
f0240709_16133919.jpg


確率コーナーでは、降水確率や打率など、日常生活のいろいろな場面に使われている確率についての展示を行いました。
4択クイズを解いてもらったり、サイコロを振ってもらったりして、確率を体感してもらいました。
f0240709_16124539.jpg


気体コーナーでは酸素や窒素など空気に混ざっている気体一つ一つの性質に焦点を当てた展示を行いました。
気体の水への溶けやすさや、気体の重さの違いを実験によって感じてもらいました。
f0240709_15594427.jpg


大地のしくみコーナーでは模型を用いて、液状化現象や火山のでき方などを説明する展示を行いました。
ペットボトルを使った液状化現象の実験はわかりやすく、皆さんに楽しんでいただきました。
f0240709_16002803.jpg


圧力コーナーではクレーンなどに使われている油圧の原理を中心とした圧力に関する展示を行いました。
注射器でできたクレーンを子供たちが一生懸命操作している姿が印象的でした。
f0240709_16034464.jpg


ドレミコーナーではドレミの音階の成り立ちについての展示を行いました。
音楽を数学的側面から考えていて、大人の方にも楽しんでいただきました。
f0240709_16193466.jpg


プラスチックコーナーでは身の回りにあふれているプラスチックを紹介する展示を行いました。
紫外線で固まる光硬化性プラスチックなど、たくさんの実験を見てもらいました。
f0240709_16200951.jpg

来場者の方々からは「また来年も来ます!」「子供が楽しんでいました!」など嬉しいお言葉をいただきました。
これを励みにこれからも部員一同頑張っていきます。
来てくださった来場者の皆さん、ありがとうございました。
また来年もお越しください!

[PR]
# by tscitech | 2017-11-03 15:13 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。東工大ScienceTechno1年の佐々木です。

今回は、東工大蔵前会館で行われた工作教室『音のひみつを知ろう~エコーマイクを作ろう~』について報告します。
今回のテーマはタイトルにもあるように“音”です。まずは工作の前に音の秘密を学びました。
最初は張ったビニールの上に塩をまいてそこに「あ”~」と言う実験をしました。するとなんと声にあわせてビニールの上の塩も動き始めました。どうやら声にはビニールを振るわせる性質があるようです。
f0240709_22110389.jpg

また糸電話を使った実験もしました。糸電話って誰しも一度は使ったことがありますよね?紙コップに向かって話すと相手の声がよく聞こえます。しかし、話している途中で糸をつまむと声が聞こえにくくなりました。
この2つの実験はどちらも音が振動であるという性質を利用しています。これらの実験を通して音はものや空気を振動させることで伝わっていくということを学びました。
そしてついにエコーマイクの工作の時間です。エコーマイクというのは糸電話の糸がバネになったものです。バネでは糸と違って音が何度も往復するので自分の声が響いて聞こえるようになるのです。まさにエコー(反響)ですね。
さて工作はというとなかなかうまくいかなかった段階はあったけどスタッフさんと協力して上手に作り上げることができました。また側面には絵を描いて、オリジナルのエコーマイクができあがりました。

f0240709_22134198.jpg

f0240709_22174922.jpg


みなさんもぜひお家で作って声の響きを楽しんでみてください。

[PR]
# by tscitech | 2017-10-31 22:18 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。
東工大ScienceTechno1年の冨田です。
今回はJR川崎駅前の東芝未来科学館で行われた工作教室、「『コップホン』を作ろう」について報告します。
コップホンとは、プラコップでスピーカーを作る工作です。
まず、音は物がふるえることで伝わることを知ってもらうために、たらいの上にビニールを張りそのビニールの上に塩をのせてそこに声を出したらどうなるのか?」という実験をしました。
すると、ビニールの上に乗った塩が振動しました。
次にコイルと磁石、電池の関係について学びました。コイルに電気を流してクリップに近づけるとコイルにクリップが近づくことから、コイルと電池で磁石ができることを学びました。そして、磁石が入った筒にLEDのついたコイルを巻いたものを振るとLEDが光ったことから磁石とコイルで電池ができることを学びました
いよいよ工作です。自分たちでコイルを作り、ネオジム磁石とプラコップでコップホンを作っていきます。
完成した後は、実際に音を鳴らしてみました。
みんなのコップホンから綺麗に音が出て、無事に工作は終了です。
ぜひお家でも使ってみてください。
f0240709_22351769.jpg


[PR]
# by tscitech | 2017-10-23 22:35 | イベント報告 | Comments(0)