今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

みなさんこんにちは。東工大ScienceTechno1年の佐々木です。

今回は、東工大蔵前会館で行われた工作教室『音のひみつを知ろう~エコーマイクを作ろう~』について報告します。
今回のテーマはタイトルにもあるように“音”です。まずは工作の前に音の秘密を学びました。
最初は張ったビニールの上に塩をまいてそこに「あ”~」と言う実験をしました。するとなんと声にあわせてビニールの上の塩も動き始めました。どうやら声にはビニールを振るわせる性質があるようです。
f0240709_22110389.jpg

また糸電話を使った実験もしました。糸電話って誰しも一度は使ったことがありますよね?紙コップに向かって話すと相手の声がよく聞こえます。しかし、話している途中で糸をつまむと声が聞こえにくくなりました。
この2つの実験はどちらも音が振動であるという性質を利用しています。これらの実験を通して音はものや空気を振動させることで伝わっていくということを学びました。
そしてついにエコーマイクの工作の時間です。エコーマイクというのは糸電話の糸がバネになったものです。バネでは糸と違って音が何度も往復するので自分の声が響いて聞こえるようになるのです。まさにエコー(反響)ですね。
さて工作はというとなかなかうまくいかなかった段階はあったけどスタッフさんと協力して上手に作り上げることができました。また側面には絵を描いて、オリジナルのエコーマイクができあがりました。

f0240709_22134198.jpg

f0240709_22174922.jpg


みなさんもぜひお家で作って声の響きを楽しんでみてください。

[PR]
by tscitech | 2017-10-31 22:18 | イベント報告 | Comments(0)
みなさんこんにちは。
東工大ScienceTechno1年の冨田です。
今回はJR川崎駅前の東芝未来科学館で行われた工作教室、「『コップホン』を作ろう」について報告します。
コップホンとは、プラコップでスピーカーを作る工作です。
まず、音は物がふるえることで伝わることを知ってもらうために、たらいの上にビニールを張りそのビニールの上に塩をのせてそこに声を出したらどうなるのか?」という実験をしました。
すると、ビニールの上に乗った塩が振動しました。
次にコイルと磁石、電池の関係について学びました。コイルに電気を流してクリップに近づけるとコイルにクリップが近づくことから、コイルと電池で磁石ができることを学びました。そして、磁石が入った筒にLEDのついたコイルを巻いたものを振るとLEDが光ったことから磁石とコイルで電池ができることを学びました
いよいよ工作です。自分たちでコイルを作り、ネオジム磁石とプラコップでコップホンを作っていきます。
完成した後は、実際に音を鳴らしてみました。
みんなのコップホンから綺麗に音が出て、無事に工作は終了です。
ぜひお家でも使ってみてください。
f0240709_22351769.jpg


[PR]
by tscitech | 2017-10-23 22:35 | イベント報告 | Comments(0)