今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

<   2017年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こんにちは!
東工大ScienceTechno新3年生となる辻高真由子です

3月12日(日)に東芝未来科学館の3Fで行われた“サイエンスリンクフェスタ”での活動報告をします。
サイエンスリンクフェスタは普段の活動とは違い、SC(サイエンスコミュニケーション)団体同士で企画を見せ合い、意見を交換し、交流を深める会となっています。
私たち東工大ScienceTecnoの他に、東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST、東海大学Supporting Science Experiment、立教理科工房、東京理科大学サイエンスコミュニケーションサークルchibi lab.、The自然科学研究部が参加しました。

私たちは今回の企画として“くるくるイカ”の工作をしました。フィギアスケートのスピンをイメージした工作で、回転が速くなったり遅くなったりを実感することができます。みなさん出来上がったらくるくる回し楽しんでもらえたようで嬉しかったです。

来年度も東工大ScienceTechnoは、各地でいろんなイベントを行っていきます。
興味がある方は是非、遊びに来てください!お待ちしております!
f0240709_12062647.jpg
f0240709_12063814.jpg

[PR]
by tscitech | 2017-03-30 12:07 | イベント報告 | Comments(0)
東工大ScienceTechnoのブログを見てくださりありがとうございます。新三年生の宮下です。

今回は、普段報告させていただいている外部でのイベントではなく、部内でのレクリエーション兼サイエンスコミュニケーション活動について報告させていただきます。

今回は、材料力学について考えながら部内対抗でパスタ橋大会を行いました。
パスタを糊で接いでいって、どれぐらい頑丈な橋をかけられるか競うというものです。
最初に大きさや幅などのレギュレーションの説明を受け、せん断方向から圧縮方向に応力をうまく逃がすことを意識するといいなどのノウハウを共有しました。
その後トラス構造やアーチ構造など、作りたい橋の構造にしたがって2~3人ずつに班分けを行って、設計と製作をしました。
結果、各班の性格を表した個性的な構造が現れたので、写真で紹介します。
f0240709_17392839.jpg

f0240709_17392598.jpg

吊り橋を目指していたはずなのに途中でひっくり返した方が強いことに気づく班、基本に忠実にアーチやトラスを組み立てる班など、部員の多様性が窺える企画でした。
部員の交流や材料力学の復習が図れてよかったと思いました。

[PR]
by tscitech | 2017-03-22 17:45 | その他 | Comments(0)

こんにちは。東工大ScienceTechno1年の原田です。

3月19日に洗足区民センターで行われた、第5回さくらフェスティバルにて、「ラビリンス」の工作教室を行いました。今回はその報告をさせていただきます。

「ラビリンス」とは、鏡を6枚合わせて作った立体的な万華鏡のことで、穴から中をのぞくと、光の模様が見える、という工作です。

まず最初に、講師の鴨川君から、光と色についての説明がありました。「リンゴはどうして赤く見えるのか」という疑問から、実は白い光はいろいろな色の光が混ざってできている、といったことを説明しました。少し難しい内容でしたが、子どもたちは真剣に聞いてくれているようでした。

次に、光と鏡についての説明がありました。鏡を向かい合わせにしてものを映すと、どのように見えるのか、といったことを実際に実験して確かめました。ものがたくさん映っている様子が見えて、子どもたちも楽しそうでした。

お勉強の時間が終わったら、さっそく工作を始めました。鏡に模様を描いてカッターで削るのは大変そうでしたが、最終的にはみんながさまざまな模様のラビリンスを完成させることができました。その完成度の高さに、スタッフも感心させられました。

工作教室に参加してくださった皆様、また工作教室を開くのに協力してくださったセンターの皆様、本当にありがとうございました。東工大ScienceTechnoでは、このほかにもさまざまなイベントを開催しています。ご参加お待ちしています!

f0240709_17105180.jpg
f0240709_17105078.jpg



[PR]
by tscitech | 2017-03-22 17:12 | イベント報告 | Comments(0)


みなさん、こんにちは。東工大Science Techno2年の立川です。

3月15日に緑ヶ丘小学校で行った工作教室の活動報告をさせていただきます。

今回の教室ではラチェットごまを作ってもらいました。
ラチェットごまは今回が初めてのイベントとなる新しい工作で、ラチェット歯車という回転の向きによって力を伝えたり伝えなかったりする歯車を使った1方向にしか回らないコマです。

まず子供たちに自転車のペダルを前向きに漕いだ時はタイヤが回るけれども、ペダルを後ろ向きに漕いだ時はタイヤが回らないのはどういう仕組みになっているのかを模型を用いて説明しました。
子供たちが自転車の模型のペダル部分を前後に回した時の後輪の様子を見て、「なるほどー!」とか「こうなってるから後ろ向きに漕いでもタイヤが動かないんだ!」と言ってくれて説明が伝わっていることが分かり嬉しかったです。

後半の工作では部品のつけ方が少し複雑なところがあり苦戦する子供もいましたが、スタッフと協力し上手に作れていて、工作が完成した後、実際にコマを回してみんな楽しんでくれました。

最後になりますが、今回参加していただいたみなさんありがとうございます。東工大Science Technoでは他にも様々なイベントを行っています。興味のある方、ご参加お待ちしております。

f0240709_21120857.jpg
f0240709_21120591.jpg

[PR]
by tscitech | 2017-03-20 21:14 | イベント報告 | Comments(0)

こんにちは。東工大Science Techno2年の植松です。

3/12()に人形町にある久我町区民館でイベントを行いました。

今回イベントで用いたネタは「エコーマイク」です。

 「エコーマイク」というのはみなさんがよく知っている糸電話の糸の部分をバネに変えたものです。糸電話が音を伝えるのは音というのが振動で出来ていて、その振動が糸を伝わって向かい側のコップを振動させることで音が伝わります。今回はバネを使った“バネ電話”なるものを子供達に作ってもらいました。「バネで音が伝わるの?」って思うかもしれませんが、実は糸よりもバネの方が振動するため音が伝わるのです。」

 久我町区民館では去年初めてイベントを行い、ありがたいことにぜひ今年もやってもらいたいというリピートを受けてのイベントでした。子供達は1年〜5年の計14人が参加してくれました。友達同士の子供が多く、教室全体が和気藹々とした雰囲気でした。しかし、いざ講師の話が始めると、みんな前を向き集中して話を聞いていました。講師の佐藤の説明がとても分かりやすかったのか、子供達は納得できたようで科学の事に興味を持てたようです^ ^イベントは順調に進み、子供達はみんなエコーマイクを完成することができました!!!

 イベントを企画してくださった浜町1丁目の方々、このイベントに参加してくれた子供達、本当にありがとうございました。

f0240709_21374999.jpg
f0240709_21375494.jpg


[PR]
by tscitech | 2017-03-13 21:38 | イベント報告 | Comments(0)

みなさん、こんにちは。東工大ScienceTechno2年の中原です。

34日にレガスサイエンスフェスタにおいて万華鏡とウィンドカーの工作を行いました。活動報告をさせていただきます。

万華鏡は、ビーズやガラスなどを使うのではなく、偏光シートにoppテープを貼ったものを重ねると、色が様々に変化し万華鏡のように見える工作でした。

万華鏡が完成すると子供達は自分が作ったものを見せ合ったりしていて楽しんでいました。

ウィンドカーはうちわなどで風車を回すことにより、竹串が回り糸をからめとりタイヤが回って走る、「力」がテーマになった工作でした。

特にウィンドカーでは難しい工程があり、時間が限られた中で子供達に教えるというのはとても難しかったですが、スタッフの皆が協力して上手に工作ができていました。実際に完成しうちわで仰いだ際に前に進んだときは、子供達は皆とても笑顔で喜んでくれました。

東工大ScienceTechnoでは、ウィンドカー以外にも様々な工作を行っております。ぜひ、ご参加ください!

f0240709_15215477.jpg


[PR]
by tscitech | 2017-03-13 15:23 | イベント報告 | Comments(0)
はじめましての方ははじめまして。いつも見ていただいている方はいつもブログを見ていただきありがとうございます。東工大ScienceTechno新三年(二年)の宮下です。
3月12日(日)に東芝未来科学館さんで工作教室を開かせていただきました。
工作教室といっても今回つくったのは入浴剤なので、はさみやのりを使うというより薬品を混ぜていく不思議な工作体験になったと思います。
入浴剤の作り方を考えるために、ムラサキイモの色素で材料であるクエン酸や重曹のほか、身近ないくつかの物質の呈色を調べました。ムラサキイモの色素の色が鮮やかに変わることを面白がってくれる子供がいたり、アジサイの花の色と同じようなことだと理解してくれる子供がいたことがとてもうれしかったです。
実は、準備の段階では使えると思っていた薬品がムラサキイモの色素とは相性が悪かったり、説明との対応が不十分だったりしました。その辺りを指摘してくれて、省みる機会をくれた同期や後輩がいてとても助かりました。
子供たちに対しても、酸とアルカリが中和するという現象を実験を通じて見せることができ、それを利用して入浴剤ができたということで有意義な教室になったと思います。
お手伝いいただいた皆さん、参加してくれた子供たちに、この場を通じて感謝を申し上げます。
ありがとうございました。
f0240709_09420316.jpg
f0240709_09414397.jpg

[PR]
by tscitech | 2017-03-13 09:46 | イベント報告 | Comments(0)

こんにちは、サイテク2年の柴田です

今日(3/11(土))は小学一年生から小学五年生を対象に「カメラオブスキュラ」の工作教室を開きました。

虫眼鏡を使った演示実験では、みんなで懐中電灯の光を集めてみたり、レンズを通る光が曲がって焦点に集まることを発見して、光とレンズの性質を講師が説明するのをみんな真剣に聞いていました。

工作では、はさみと両面テープに苦戦しつつも完成させて、覗くと逆さまに映ってしまう不思議なカメラの謎にみんな興味津々でした。

レンズと光という日常にありふれたテーマでしたが、子供たちには新鮮な科学の世界を見せてあげられたのかなと思います。

今回参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

f0240709_09184878.jpg
f0240709_09184629.jpg
f0240709_09185016.jpg
f0240709_09185289.jpg


[PR]
by tscitech | 2017-03-13 09:20 | イベント報告 | Comments(0)
みなさん、こんにちは。東工大ScienceTechno1年の小黒です。

2月25日に清水窪小学校で行ったウィンドカーの工作教室の活動報告をさせていただきます。

今回の教室では風の力で進む車、ウィンドカーの工作をしました。

そしてテーマは「力」。「力が動きの元となる」こと、「力は向きや種類を変える」ことをこのウィンドカーの工作を通じて参加したみんなに考えてもらいました。実際にウィンドカーを見て、触って、動かしたこどもたちが「分かった!」や「こういうことでしょ!」と言ってくれて、理解してくれてることが分かり嬉しかったです。

みんな夢中で工作に取り組んでくれ、作り終わった後もウィンドカーで楽しく遊んでいる様子が見れて良かったです。

また、みんないろんなデザインをして見せてくれて、スタッフも楽しませていただきました。

最後になりますが、今回参加していただいたみなさんありがとうございます。東工大Science Technoでは他にも様々なイベントを行っています。興味のある方、ご参加お待ちしております。

f0240709_12255359.jpg
f0240709_12260026.jpg


[PR]
by tscitech | 2017-03-01 12:26 | イベント報告 | Comments(0)