今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

<   2016年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

こんにちは!
東工大Science Techno1年の佐藤です。

8月29日にハチラボで行われたイベントの活動報告をしたいと思います。

イベントは午前と午後で二回行い、偏光万華鏡をつ くりました。

まず偏光シートを実際に触ってもらいながら
・二枚の偏光シートを回すと暗くなったり明るくなったりすること
・偏光シートの間にテープを入れると、その枚数によって色が変化すること
を説明しました。実際に触りながら明るさや色が変化するのを見て偏光シートについて理解してくれました。
f0240709_15342116.jpg


説明の後、一緒に工作をしました。みんな楽しそうにテープをたくさん貼ってくれて綺麗な万華鏡が出来ました!完成した万華鏡を友達と交換しながらみんなで覗いて色々な模様を楽しんでくれていたので良かったです!

今回が夏休み最後のイベントでしたが、サイテクでは他にもたくさんのイベントをやっています。10月には工大祭でも色々なイベントを行うので是非来てください!!
f0240709_15342264.jpg

[PR]
by tscitech | 2016-08-29 15:33 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは!東工大Science Techno 2年の三穂野です。

8月28日に新田地域学習センターで行われたイベントの活動報告をさせていただきます。
ちなみに新田は「にった」ではなく「しんでん」と読むそうです。我々も最初は間違えていました。

今回のイベントではウインドカーの工作を通して「動きと力の関係」と「力の伝達」という2つのテーマをみんなに学んでもらいました。サイテクのイベントとしては珍しく子供7人、スタッフ10人というスタッフのほうが多いイベントで、スタッフも代表、副代表を含めた精鋭メンバーでした。おかげで子供たちに丁寧に教えることができました。

ウインドカーというのは風が吹いてくる方向に向かって進む不思議な車です。この夏に3回もイベントで行われた子供たちにも大人気の工作です。

初めての試みとして、このイベントはウインドカーの動きの原理を先に説明して、そのあと工作をするという流れで行いました。通常のイベントでは工作をしてから原理を説明するのですが、ウインドカーは原理が難しいため、先に原理を説明して復習しながら工作をすればよりわかりやすくなるのではないかと思ったからです。スタッフが強力なこともあって、子供たちが飽きることもなくいつもより深く原理を理解してもらえました。
f0240709_152874.jpg



私はこのイベントに初リーダーという形で関わらせていただきました。他の夏のウインドカーのリーダーにも協力してもらって何とかイベントを成功させることができました。ご協力ありがとうございました。

サイテクは他にも様々なイベントを行っています。興味がある方は是非ご参加してください。皆さんと工作できるのを楽しみにしています。
イベントに参加してくださった皆さんありがとうございました。
f0240709_15281018.jpg

[PR]
by tscitech | 2016-08-28 15:27 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは!東工大ScienceTechno2年の渡邉 匠です。
8月27日に神奈川県の中川地区センターで行われたイベントについて活動報告させていただきます。今回のイベントでは、午前中は「からくりメリーゴーランド」、午後は「アクセルゴマ」の工作を行いました。午前の工作では約30人、午後の工作では約15人の子供が参加してくれました!

まずは午前中の「からくりメリーゴーランド」について。この工作では、回転の動きを伝えて向きを変える「歯車」と、回転を上下に変える「カム」がテーマになっています。工作用紙で作られた型紙を組み立て、ダンボールで丸く切り抜かれた歯車をはめてメリーゴーランドを作ります。歯車やカムは、普段あまり目にすることがないもので、特にカムは知らなかった子供が多かったので、それらが実際に使われている例を挙げ、工作を通じて理解してもらいました。子供自身が描いたイラストがメリーゴーランドの台車の上をうまく回転していて、子供も楽しそうで何よりでした。
f0240709_15253936.jpg



無事午前の工作が終了し、1時間ほどの休憩をはさみ、午後から「アクセルごま」の工作にうつりました。
アクセルゴマは、電池からコイルに導線を伝って電気が流れ、それによってコマに力が加わり、コマが回り続けるというものです。私たちが普段思い浮かべるコマは、しばらく時間が経つとコマの回る速さが遅くなってしまいます。しかし、アクセルゴマは電気の力で回転しているので、ずっと回り続けることができるのです。電気や磁力は目に見えないので、子供たちにとって想像するのが難しいのではないかと思いましたが、最後にはみんなきちんと理解してくれたようです。
からくりメリーゴーランドとアクセルゴマ、どちらも子供たちが楽しんで遊んでくれて嬉しかったです♪

今回参加してくれた皆さん、ありがとうございました。
東工大Science Technoはこの他にもいろいろなイベントを開催しています。興味を持っていただいた方は是非ご参加ください!
f0240709_15254096.jpg

[PR]
by tscitech | 2016-08-27 15:24 | イベント報告 | Comments(0)
東工大Science Techno 2年の植松です。


今回は月島区民センターでイベントを行ったのでその活動報告をしていきたいと思います。


「鏡についてより深く知ろう」というテーマのもとに「ラビリンス」の工作を行いました。
雨でここまで来るのは大変だったと思いますが、子供達は小学3年〜中学2年で計28人来てくれました。



イベントを始める前は緊張してる子がちらほらいて喜んでもらえるか不安な所もありましたが、イベントが終わる頃には皆笑顔でラビリンスを持ち帰ってくれたのでイベントとしては成功に終わったのではないかなと思います。




まず鏡について次のことを演示実験をすることで説明しました。
①2面鏡でものを見てみよう
→ものが鏡に反射して多く見える
②3面鏡でものを見てみよう
→ものが2面鏡の時よりも多く見える
③合わせ鏡でものを見てみよう
→ものが数えられないほど多く見える



じゃあ②、③を組み合わせたらものはどのように見えるの?という疑問を子供達に投げかけた後、実際に②、③が組み合わさってる「ラビリンス」の工作に入りました。



鏡というものが子供達にとって身近にあるものだったので鏡についての質問にもたくさんの手が上がり、演示実験に対しての食いつきがとても良かったです。中には演示実験①の最中に合わせ鏡をやろうとする好奇心旺盛な子もいました(笑)
f0240709_9483231.jpg



工作についてはあまり難しい工程はなく主に子供達に絵を描かせてそこを削るだけなのでそこまで苦戦する子供達がいませんでした。鏡のパネルがバラバラになった子供達が何人かいましたが、うまくサイテクのスタッフ達がフォローしてくれました。



子供たちは完成したラビリンスに興味津々になっており、僕たちスタッフに見せてきたりお父さんお母さんに見せに行ったりしててとても楽しそうでした。


サイテクは色んなところでイベントを行っているので、興味があったら是非来てください!!
f0240709_9482986.jpg

[PR]
by tscitech | 2016-08-27 09:47 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは 東工大Science Techno 1年の鴨川です。
8月26日に洗足区民センターで行った工作教室の活動報告をさせていただきます。
今回の工作教室のテーマは「楽器」ということで、アフリカの打楽器であるカリンバづくりに挑戦してもらいました。
まずみんなで音の伝わり方について学ぶために、写真のように大声を出して塩のうごきを見てもらいました
f0240709_1539349.jpg


その後、みんなはカリンバづくりに取り掛かります。今回は金属板の代わりにピアノ線とアイスの棒を用意しました。きれいな音を出すためにスタッフさんに手伝ってもらって、一生懸命弦の長さや締め具合の調節をしていました。
工作が終わったらカリンバの側面に絵をかきました。カラフルな花の絵を描く子もいれば音符を描く子もいて、オリジナルな作品に仕上がりました!
教室が終わる間際に保護者の方がアフリカで買ったという本物のカリンバを持ってきてくださり、参加してくれたみんなに見てもらうことができました。
洗足区民センターの職員の方が行ってくれたアンケートでは、「高さの違う音が出せて楽しかった」「音の研究の口座をやってほしい」などの声がありました。

今回イベントに参加しいてくださった皆様、依頼をしてくださった洗足区民センターの職員の方々、ありがとうございました。

東工大Science Technoはこのほかいろんなところでイベントを開催しています。
機会があったら是非参加してみてくださいね!!
f0240709_153915.jpg

[PR]
by tscitech | 2016-08-26 15:38 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。東工大ScienceTechno 1年の岸です。
今回は東工大大岡山キャンパスのすぐ近く、大田区立清水窪小学校で行われたイベントの報告です。


今回の工作、「カメラオブスキュラ」とは現在使われている「カメラ」の名前の由来となった装置です。

カメラの前についているこれって何?(レンズを指して)という質問から始まり、レンズのしくみをお勉強。
カメラについているのがレンズであることはみんな知っていました。しかし、「凸レンズ」と「凹レンズ」の2種類があるということは初めて知った子が多かったようです。

工作の前に、凸レンズの一つである虫めがねを使って実験をしました。懐中電灯の光を虫めがねに通して机を照らしてみます。机と虫めがねの距離を変えてみると、光が明るく・小さくなったり、暗く・大きくなったりします。
これは凸レンズに入ってきた光が「焦点」に集まるように曲がっているからです。

工作では灰色の箱を組み立てていきます。作業に余裕のある子には箱に絵を描いてもらうのですが、今回は特に絵を描く子が多く、カラフルなカメラオブスキュラがたくさんできました。
f0240709_1724261.jpg


完成したカメラオブスキュラをのぞいてみると、そのままではぼやけて何も見えません。内側の箱を動かしてスクリーンの位置を調整することでピントを合わせます。
はっきり景色が見えると、景色がひっくりかえっていることに気づきます。

このように、工作と実験を通して凸レンズのしくみを楽しく学んでもらえました!


東工大ScienceTechnoのイベントに興味を持った方は、10月に行われる工大祭などの今後のイベントにぜひお越しください。
f0240709_1723935.jpg

[PR]
by tscitech | 2016-08-25 17:00 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは‼︎東工大Science Techno1年の中村佳生です。
8月24日に行われたTEPIA先端技術館で行われたイベントについて活動報告させていただきます。
夏休みが終わるまで後1週間ほど...子どもたちは宿題に追われ、どこか焦りを感じさせる表情で来るかと思いきや、「後ちょっと!」「もう終わったよー」と余裕の笑みを浮かべていました‼︎いや〜日本の未来は安泰ですね。(^^)
今回のイベントの工作は「ホバーバイク」、そしてテーマは「作用・反作用」と「摩擦」でした。
まずは、この二つのテーマを肌で感じてもらおう!というこでそれぞれについて実験を行いました。
最初の実験は、子どもたちがスタッフと手を合わせて、その手を押してもらうというものです。ここで自分も押される感じがしたら、作用・反作用の体験成功です‼︎
もう一つの実験は、1枚ずつ重ね合わせた本を使う実験です。初めは引っ張っても取れないのですが、空気を入れると取れることを体験することで摩擦の仕組みについて理解できます‼︎
f0240709_952553.png


ここからは待ちに待った工作タイム*\(^o^)/*
個人的に難しめの工作かな?と思っていたのですが、21世紀生まれの子ども達は手際がいいですね。僕が説明する前に「次はこうするんでしょ?」と自分で手順を理解してる子もいました。そして特に大きな問題も起こらず、完成‼︎ホバーバイクを走らせる子ども達は、本当に楽しそうで可愛かったです!
走る仕組みも、テーマを実際に感じたことで覚えていた子ども達は、講師の方お二人のわかりやすい説明のおかげもあり、しっかり理解できていました‼︎イベントは大成功でした。
最後に、このイベントを開かせて頂いたTEPIA先端技術館の皆様、イベントに来てくださった皆様本当にありがとうございました。今後も東工大Science Technoを宜しくお願いします。
f0240709_9521057.png

[PR]
by tscitech | 2016-08-24 09:51 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。東工大Science Techno一年の田淵敦子です。
7月23日に北山田地区センターで万華鏡とラビリンス作る科学教室が行われましたので、活動報告をしたいと思います。

このイベントは午前と午後に分けて行われました。
午前は小学校低学年の子供たちと偏光シートを使った万華鏡作りをしました。セロハンテープを偏光シートに貼るといろいろな色が見えることに子供たちだけでなく見学なさっていた保護者の方々も驚かれていました。たくさんテープを貼るといろいろな色が見えるよとアドバイスすると楽しそうにたくさんテープを貼ってくれました。全員きれいに万華鏡がつくれていたので良かったです。
午後は小学校高学年の子供たちとラビリンスを作りました。鏡に模様を描くのに苦戦している子供たちもいました。また、模様を描きすぎた子達が時間内に鏡を削りきれず、少し遅れてしまいました。少し終了時刻が遅くなりましたがきちんとラビリンスを作れたことに子供たちは満足してくれた様子でした。
f0240709_17294941.jpg


クイズにも積極的に参加してくれて、賑やかに楽しくイベントをすることができました。またScience Technoのイベントに参加していただけるとうれしいです!

東工大Science Technoはこの他にもいろいろなイベントを開催しています。興味を持っていただいた方は是非ご参加ください。
f0240709_17292628.jpg

[PR]
by tscitech | 2016-08-23 17:28 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは!東工大ScienceTechno1年の宇都宮です。

先日北とぴあで行われたイベントの活動報告をさせていただきます。

イベントでは「パスタ橋」という企画を行いました。

この企画ではパスタを用いて橋を作り、その橋におもりをかけていき、どれだけ耐えられるかをみんなで競います。

まずは講師の先生とお勉強。

橋は力を分散させる構造で出来ている!

四角形より三角形の方が強い!
この二つを軸として身の回りの橋の構造の秘密を確認し、よいよ制作です。
パスタ橋とパスタ橋をつなげるのにはグルーガンを使いました。触れたことのな道具に戸惑うこどももいましたが、使っているうちに慣れたようで、みんな手際よくパスタをつなげていきました。
80分という制作時間は長いようで短く、思い通りの形ができなかった子もいましたが、みんな自分のパスタ橋を完成させることができました!
f0240709_15311283.jpg


そして重さ比べです!
おもりをどんどんかけていき、壊れる前に耐えられた重さを比べます。
次々と壊される自分たちの橋にこどもたちは毎回声を上げて残念がっていました。
その後表彰式を行いました。
一番多くおもりを支えた人に賞状を授与!みんな拍手で祝いました。

東工大ScienceTechnoではこの他にもいろいろなイベントを開催しています。興味を持っていただいた方は是非ご参加ください!
f0240709_15311036.jpg

[PR]
by tscitech | 2016-08-23 15:29 | イベント報告 | Comments(0)
こんにちは。東工大ScienceTechno(サイテク)1年の時廣浩輔です。
今回は8月21日に東大島文化センターで行われた「第29回ふれあいまつり」での活動報告をさせていただきます。

サイテクは「コップギター」と「分光器」を作るカフェ形式での参加をしました。

コップギターは音を題材にした工作です。輪ゴムでできた弦を押さえる位置によって、音の高さが変わることを子どもたちに理解してもらいました。
f0240709_1442759.jpg


分光器は、身の回りにある光をいろいろな色に分けて見ることができる工作です。子どもたちだけではなく、大人の方々にも工作に興味をもっていただけました。
f0240709_1443031.jpg



どちらか一つを作る形式にしていましたが、中にはもう一回並びなおして両方とも作ってくれた子もいました!

最後になりましたが、今回のイベントに参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。
f0240709_1442525.jpg

[PR]
by tscitech | 2016-08-21 14:03 | イベント報告 | Comments(0)