今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧



こんにちは!3年の高橋です。
なんとサークルの最終学年である3年生で初めてブログを書くことになりました(笑)。

今回6月10日は緑ヶ丘小学校でイベントを行ってきました!
ではでは、早速内容に入ってきましょ〜。

「パックンとコンコンの不思議」と題してパックンワニとコンコンキツツキを、磁石の力を学びながら子供たちに作ってもらいました。
3年の安達さんの講師の下、まずはN極とS極の組み合わせによって磁石がくっつき合ったり離れ合ったりすることを学んでもらいました。が…!参加してくれた子供たちが優秀だったのか、すでに知っていたりして「知ってるよー!」「こうするとくっつくんだよー!」などの声が多く聞こえました(すごい((((;゚Д゚)))))))

みんなにひとまず磁石について教えてあげた後はみんなお待ちかねの工作に入っていきました!
最初はパックンワニから作っていきました。ワニの口にお肉を近づけると食べる・ピーマンを近づけると避けようとするという工作です。作ってる途中でこのギミックに気付く子も何人か見受けられましたこの工作のおかけでみんなN極とS極の組み合わせによって動きが変わることを理解してくれたかと思います。
その次はコンコンキツツキを作ってもらいました。この工作もみんな簡単に作れて、パックンワニと合わせて遊んでたりしていました。

今回はとても大人数のイベントでしたが、たくさんの子供たちに喜んでもらえて嬉しかったです!他の多くの子供たちにも楽しい経験をしてもらえるように私達も頑張って活動していきますので何卒よろしくお願いします!サイテクのイベントへの参加、依頼などドシドシ待っています!!




[PR]
by tscitech | 2015-06-23 12:48 | イベント報告 | Comments(0)


みなさん、こんにちは!東工大ScienceTechno2年の宮元です。
今回は6月20日に スターバックスコーヒー玉川高島屋で行われた「トコトコ馬・バランストンボ」のイベントについて活動報告したいと思います。

今回のイベントは重心の性質を利用し、指の上にのせてちょっと揺らしたくらいでは落ちない「バランストンボ」、傾いた板の上に置くと少しずつ歩き出す「トコトコ馬」を1時間かけて作りました。このとき、重心が下にあるときよりも上にあるときの方が物が傾きやすいという性質を講師の小さんが説明してくれました。

f0240709_12123325.jpg


今回のイベントは12組の方々がご参加いただきましたが、対象年齢が2〜6才の子供たちだったため、ハサミが使えない子や途中で泣き出してしまった子もいましたが全員が無事、怪我することなくバランストンボ、トコトコ馬を作ることができ、本当によかったです。

f0240709_12122831.jpg



最後に、イベントにご参加いただいた子供たちと保護者の方々、イベントに協力してくださったスターバックスコーヒー玉川高島屋の皆さま、本当にありがとうございました。
今回のイベントに参加できた子供たちも参加できなかった子供たちも、ぜひ今後の東工大ScienceTechnoのイベントにお越しください。




[PR]
by tscitech | 2015-06-22 12:14 | イベント報告 | Comments(0)


こんにちは!東工大ScienceTechno3年の松久です
5/16,17にサイテクではすずかけ祭で様々なイベントをしていました。
今回は5/17に行ったパスタ橋というイベントの報告です。

パスタ橋という名前からなんとなく想像つく人もいると思いますが、このイベントではパスタを使ってみんなで橋を作ります。

まず工作を始める前に身近にあるいろいろな構造を取った橋を見ながら橋がどんな構造をしていてどのようにおもりに耐えているのかお勉強をします。
みんな真剣にきいてくれてとてもよかったです!!
f0240709_11015467.jpg
次に、橋についてのながい話が終わった後は実際に子供達に橋を作ってもらいます。
みんなお勉強したことを参考にしながら様々な橋を作ってくれて楽しそうでよかったです。
f0240709_11013904.jpg

最後にみんなが作った橋がどれぐらいの重さに耐えるのか力比べをします。
自分の橋がゆがんできたり曲がってきたりでぐにゃんぐにゃんになっているのを見ながら楽しそうでした。
f0240709_11014785.jpg
最後に結果発表!!
最も強かった橋は12個ものおもりにたえてくれました!!
優勝、準優勝してくれた子にはサイテクの色の変わる焼きそばの無料券をプレゼントしました!
人数も少なく子供達と近い距離でイベントをおこなうことが出来よかったです。

f0240709_11052276.jpg

ブログを最後まで読んでいただきありがとうございます。
東工大Science Techno(サイテク)では様々な場所でイベントをしているので機会が有ればぜひご参加ください。




[PR]
by tscitech | 2015-06-16 11:05 | イベント報告 | Comments(0)

5月16日・17日に東工大のすずかけキャンパスですずかけ祭が行われました。
今回はレンズの実験教室とサイエンスショーの報告です。


ショーブースの報告はこちら。

「ショーブースではサイエンス・イリュージョンということで魔法のような5つの実験を用意しました。
1.空気砲
2.ブロワーぷかぷか
3.ぷかぷかUFO
4.電子レンジでチン!!
5.魔法のライト

すずかけ祭のサイエンスショーは、5,6人の子どもたち相手にとても近い距離で不思議な実験を披露しました。子どもたちとの距離が近いので、クイズをだしたり、実験を体験してもらったり子どもたちとコミュニケーションを取りながらショーを進めていました。

空気砲の実験では、定番である一つ丸穴の空気砲以外にも三角穴の空気砲や二つ穴の空気砲を用意し不思議な現象を見てもらいました





次はレンズの実験教室です。

こんにちは。東工大ScienceTechno2年の守屋です。すずかけ祭初日に行ったレンズの実験教室について報告させていただきます。このレンズの実験教室は僕たちの大先輩である東工大OBからなるクラリカさんと共同で開かせていただきました。(クラリカさんありがとうございましたm(__)m)

さて、その内容ですが、カメラオブスキュラとペットボトル顕微鏡の2つの工作を通してレンズの実像と虚像について理解してもらうという、少し難しい内容になりました。

カメラオブスキュラというのは凸レンズによりスクリーンに実像を映すという工作です。工作の段階で少し難しい点もありますが、みんなきれいに作ることができ、完成品に驚いてくれたのでとても嬉しかったです!

ペットボトル顕微鏡は簡単な工作ですが、普通の顕微鏡に負けない性能です。玉ねぎの細胞やストッキングの繊維などを観察してもらいました。こっちの工作は虚像の性質を利用していますね。

また、実際にレンズにレーザー光をあてて、その曲がり方を見るという実験をクラリカさんに披露していただきました。教科書でよく見るやつですが、みんな実際に見るのは初めてのようで、楽しんでくれたと思います。

今回の教室は中学生でも少し理解しずらい、難しい内容でしたが、みんな良く理解できていたと思います。みんなの後学のためになってくれたら何よりです!



最後になりますがすずかけ祭にお越し下さいました皆さん、ありがとうございました。
今後もさまざまなイベントを行いますので、みなさんの参加をお待ちしています!


[PR]
by tscitech | 2015-06-04 09:18 | イベント報告 | Comments(0)

2015新歓


こんにちは、東工大ScienceTechno新歓統括リーダーの坂口哲生です。
今年の新歓の報告をさせていただきたいと思います。

今年は92人もの新入生が東工大ScienceTechnoに入部して新入部員になりました。このサークルに興味を持って入部してくれた新入部員には感謝してもしきれない思いです。

新歓は去年の12月から始まり、4月終わりまで活動しました。
新歓では今の2年生が中心になって動きました。2年生が中心となって活動したことはこれが初めてであり、慣れないことも多く今の3年生にはご心配をおかけしたかと思います。それでも温かく見守っていただき本当にありがとうございました。

そして、共に中心となって活動してくれた2年生にはいろいろ迷惑をかけたかと思いますが、最後まで共に活動してくれて本当にありがとう。

新入部員の皆さんにはどんどん活動に参加してもらってなるべく早くサイテクに慣れてもらいたいです。

これからは10月に工大祭があり、そのほかにもたくさんイベントがあります。それらに向けて新入部員はもちろん2,3年生も一丸となって精一杯活動していきましょう。
f0240709_10092984.jpg
最後に東工大ScienceTechnoに入部してくれた新入部員へ、これからこのサークルで活動していくうえで楽しいことや時には大変なこともあるかと思いますが全部ひっくるめて楽しみましょう。そして一日でも早く新入部員からサイテク部員へと成長してもらえたら幸いです。

東工大ScienceTechno 坂口哲生


[PR]
by tscitech | 2015-06-01 10:17 | イベント報告 | Comments(0)