今までに行った工作教室などのイベントの報告をしています。文章および画像の無断使用を禁じます。


by tscitech

<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧



こんにちは!東工大ScienceTechno 2年の斉藤です。
今回は5月23日(土)に洗足区民センターで行われた、工作「カメラオブスキュラ」を作るイベントの報告をしたいと思います。

今回のイベントではまず、カメラの歴史についての説明をしたあと、早速「カメラオブスキュラ」の工作に入りました。分厚い型紙を切ったり両面テープを何度も使ってレンズを固定するなど少し難易度の高い工作でしたが、スタッフの大学生と協力してみんな上手に完成させることが出来ました。

f0240709_20505325.jpg


f0240709_20504393.jpg


「カメラオブスキュラ」は、レンズとスクリーンの距離を調整することで上下左右が逆さまの像がスクリーンに映る、という工作です。動くサイのマークを追いかけるゲームでは、「どうして逆さまに映るの?」「どうして左右逆に動いて見えるの?」と、どの子も不思議でいっぱいな様子でした。

その後レンズの仕組みの説明があり、逆さまの謎も見事解決。みんな笑顔で帰って行ってくれて嬉しかったです。

f0240709_20503316.jpg

今回は新年度初の洗足区民センターでのイベントだったのですが、この春小学校に入学した新1年生の子供たちも大勢参加してくれました。ScienceTechnoでは今年度もどんどんイベントを行っていくので、みなさん是非参加してみてくださいね。


[PR]
by tscitech | 2015-05-29 20:56 | イベント報告 | Comments(0)

こんにちは、東工大ScienceTechno2年の金澤です。

5月16・17日の2日間にわたって東工大すずかけ台キャンパスにて行われたすずかけ祭、その中の17日午後のイベント「電気ペン」の活動報告をさせていただきます。

今回のイベントでは、サイテクに所属したばかりの大学1年生が何人もスタッフとして参加してくれました。また、当日は元々予約をしていた子ども達だけでなく、飛び入り参加の子ども達にもたくさん来ていただけたので、とても元気で若さがあふれる?イベントになりました。

さて、「電気ペン」のイベントのテーマは「電気分解」です。
まずは、水は目で見えない2種類のツブツブでできていること・電気を流すとそれらをバラバラに出来ることを説明しました。でも、「見たことも聞いたこともないものを、電気でバラバラに出来る」と聞いても、子ども達には実感がわいてきません。
しかも「それは指示薬を使うことで、色が変わって目で見て分かるようになる」という話まで出てきてしまいます。

f0240709_14153294.jpeg
「でも水につけた色は、ふつうは変わらない」・「電気を流すだけで水じゃないものができるわけがない」などなど、子ども達からは疑いの声が出始めました。
ここで、実際に目の前で水の電気分解を行います。指示薬の色の変化が、実際に目の前で起こっていく様子を見ることで、びっくりしながらも興味津々になる子ども達。

次に「電気ペン」の工作です。子ども達は、ついさっき目の前で見た色の変化を自分の手で起こしながら、それを利用して思い思いにペンを走らせました。
2種類の指示薬を染み込ませたろ紙を、それぞれ2枚ずつ使って思う存分描いた後は、しっかり今日の内容を復習して終了です。

みんな、電気ってこんな力を持っているんだ、と思ってくれたようで良かったです。
f0240709_14152625.jpeg
f0240709_14152077.jpeg

最後に、イベントに来てくださった子ども達と保護者の方々、すずかけ祭として様々な協力をしてくださった東工大の方々、ありがとうございました。
そして今回のイベントに参加できた子ども達も参加できなかった子ども達も、ぜひ今後の東工大ScienceTechnoのイベントにお越しください。

[PR]
by tscitech | 2015-05-28 14:16 | イベント報告 | Comments(0)

みなさん、こんにちは!東工大ScienceTechno 3年の今井です。
今日は、5/16に東工大すずかけキャンパスで行われたすずかけ祭でのイベントについての活動報告をしたいと思います。

今回のイベントは2時間ほどのイベントで、ホバーバイクというまさつと作用・反作用をテーマにした新しい工作を行いました。
最初に簡単なゲームとまさつと作用・反作用に関する講義を合わせて40分ほど行い、その後の時間で工作をしました。
今回のイベントは20名程の子供のイベントになりました。
f0240709_14105510.jpg

今回のイベントの子供たちは優秀な子供ばかりでこちらの質問にも最短ルートの答えを出し、工作も、当初60〜70分かかるだろうと思っていたところを30分くらいで完成する子が出てきはじめ、60分ではみんな爽快にホバーバイクを走らせていました。
今回、初めての工作の教室ということもあり、走らないホバーバイクも出てくるだろうとスタッフ一同思っていましたが、成功率が100%となり、失礼なことにスタッフの方が驚いてしまいました。
f0240709_14104884.jpg


f0240709_14103822.jpg

このすずかけ祭を区切りにして、これから東工大Science Technoは10月に大岡山キャンパスで行われる工大祭に向けて準備していきます。
すずかけ祭に来た人も来なかった人も是非遊びに来てください。
また、この新しい工作ホバーバイクに興味を持った方は是非ともイベントの依頼を気軽にしてみてください。

それでは、よければまたの機会に会いましょう。


[PR]
by tscitech | 2015-05-28 14:12 | イベント報告 | Comments(0)

5月16日・17日に東工大のすずかけキャンパスですずかけ祭が行われました。
サイテクの展示ブースでは、鏡、電磁気、ふりこの三つのテーマで科学工作の展示をしました。

各テーマの班長からのコメントはこちらです。


☆鏡の仕組みと作り方(展示)
こんにちは、3年の笹原です。
鏡がどうして物を写すのか、鏡ってどういう構造なのか、そんなことを紙芝居形式で説明しました。また、銀鏡反応を用いて試験管に鏡を作る実演を行いました。
実は、鏡がガラスに薄い銀色の膜をつけているだけのものだという事には子どもたちだけでなく、保護者の方々にも驚いてもらえて、こちらとしてもとてもうれしかったです。また、試験管が銀色に変わる銀鏡反応では、年齢関係なく喜んでもらえて、それだけでも自分としては成功だったかなって思います。

☆モーターのしくみ(展示)
3年の中村です。
モーターのヒミツということでとっても簡単に出来る単極モーターとリニアモーターカーを見て、モーターの仕組みを考えてみました。電磁気ということでちょっと難しい内容でしたが、なんとなくでも電池と磁石でものを動かせることが分かってくれたようで良かったです。そして何より皆さん楽しんでもらえたようで良かったです!
すずかけ祭に来てくれた皆さん、ありがとうございました。

☆ふりこ(展示)☆
2年の片平です。
ふりこの“周期”をテーマにいくつかのふりこを展示していました。ひもの長さが少しづつ違う10個のふりこを同時にゆらして蛇のような動きを観察したり、リサージュ曲線という規則的なふりこの周期模様を水で描いたり、原理のわからない小さな子でも目で見て楽しんでくれたようでよかったです。少しでも周期とふりこの長さの関係が記憶に残ってくれればうれしいです。

f0240709_13574583.jpg

お越し下さった皆さん、ありがとうございました!

[PR]
by tscitech | 2015-05-28 14:03 | イベント報告 | Comments(0)


こんにちは!東工大ScienceTechno2年の澤泉です。
この前入学したと思ったらもう2年生になってしまいました(笑)
後輩も入ってきたということで、僕たちもしっかりしなきゃいけないな、と思う今日この頃です。

今回は5月10日に東芝科学未来館で行われた「万華鏡」のイベントの報告をしたいと思います。
お陰さまで今年も沢山の新入生が入ってくれたのですが、このイベントにもさっそく1年生が参加してくれました!
恐らく1年生が入る初めてのイベントです。
また、イベントには、入学や進級してすぐの時期で学校忙しいかな?と思いきや、沢山の子供たちが参加してくれました。


さて今回のイベントでは「偏光板」の性質について詳しく見ました。
まず偏光板を二枚使って、光が向きを持っていることと偏光板がその向きを制限する、という性質を学びました。
次に、透明なプラスチックスプーンやフォークを使って偏光板の不思議な性質を見て、偏光板の応用例についてみました。
f0240709_21185928.jpg
偏光板の性質を一通り説明したあと、万華鏡の工作をしました。
セロハンテープを貼って子供たちはそれぞれ思い思いの模様を真剣な趣で作っていました。
完成したらみんなとても綺麗な模様で感動しました。
f0240709_21185359.jpg
f0240709_21184776.jpg

子供たちも楽しんでもらえたようですが、新入生も子供たちと触れ合うのを楽しんでもらったみたいでとてもよかったです。
新入生にはこれからも沢山イベントに出て楽しんでもらいたいと思います。

さて、東芝科学未来館ではサイテクの他にも多くの団体がイベントを行っているので、是非参加してみてください。
また、サイテクも、他にも多くのイベントを行っています。そちらの方にも是非足を運んでみてください!





[PR]
by tscitech | 2015-05-17 21:21 | イベント報告 | Comments(0)

こんにちは!東工大Science Techno3年の岡崎です。
東京都科学技術週間に合わせて日本科学未来館で開催された、ふしぎ祭エンスでのイベントについて報告します。


ふしぎ祭エンスでは、「ウインドカーを作ろう!」というテーマで、ウインドカーを作りながら力の伝わり方についてお勉強しました。ウインドカーは、風に向かって進む不思議な車。普通は風が前からくると動きづらそうなのに、どうして進むの?と、子どもたちは興味津々でした。
f0240709_18350753.jpg



理由はともあれ、まずは工作です。工作では糸を巻きつけたり、グルーガンを使うこともあったりと、少し難しいかな?という部分も、スタッフの大学生たちと一緒に上手に作ることができました。
1時間ほどで完成し、そのあとはどうして動くのか、一緒に考えました。中には工作をしている間にウインドカーの仕組みを自分で考え、理解している子もいました!
90分間という長めのイベントだったにも関わらず、子どもたちは集中力を切らさずにしっかりと参加していました。
f0240709_18343763.jpg
f0240709_18353938.jpg
イベントを開催していない時間帯には展示も行い、ルーローの三角形や万華鏡、ラビリンスにホバークラフトといったたくさんの不思議な工作に子どもたちは目を輝かせて見入っていました。
f0240709_18354662.jpg

今回イベントに参加してくれた子どもたち、ふしぎ祭エンス運営スタッフの方々と東京都の職員の方々、本当にありがとうございました。今回残念ながら人数制限で参加できなかった子どもたちも、また来年お会いできることを楽しみにしています!
今後も東工大Science Technoをよろしくお願いいたします(^^)

[PR]
by tscitech | 2015-05-08 18:40 | イベント報告 | Comments(0)